広島に眠るフランス兵士

             比治山に眠るフランス兵士」(広島大学マスターズ瓦版)

             子孫見つかる」(「広島日仏協会報」No.162,2003年12月)

             生まれ故郷に記念銘板」(「広島日仏協会報」No.165,2004年10月)

             Souvenir Français協会について(pdf)(「広島日仏協会報」No.162,2003年12月)

             子孫来広関係(「広島日仏協会報」No.176,2008年8月)

              ・子孫来広  ・歓迎会  ・私の祖父1  ・兵士の故郷1  ・写真集

              ・ジェルビエ海軍大佐の挨拶(在日フランス大使館駐在武官)

               ・メッセージ」(Pierre Blanchet 元Aydat町町会議員)

              ・大使の礼状

            比治山のフランス人墓地(コミュニティアカデミー上幟講演要旨、2017年2月24日)            

             フランスからの反響(pdf)(「広島日仏協会報」No.181,2010年3月20日)

             フランス側史料見つかる(pdf)(「広島日仏協会報」No.203,2017年8月5日)

*エセーとつぶやき

             108年目のボンジュール」(西名みずほの「ひだまりパーク」2008年7月4日)

             比治山フランス人墓地(pdf)(石津 緒・中国運輸局長「カレントひろしま」2008年9月号)

             広島に見る日仏の歴史のひとこま(pdf)(後藤文生・広島日仏協会長「カレントひろしま」2012年9月号)

            フランス兵士が眠る丘(pdf)(望月公正・在広島フランス名誉領事「ペン」2017、下)

*広島陸軍病院について

             北清事変と広島病院(5)」(「彰古館往来」,陸自三宿駐屯地・衛生学校<シリーズ82>「自衛隊ニュース」2008年12月15日(8)。「彰古館」というのは陸上自衛隊三宿駐屯地[東京都世田谷区]内にある医療史博物館で,明治以降の軍陣医学を物語る多くの資料が所蔵されている。)

             北清事変と広島病院(1)」(「彰古館往来」,陸自三宿駐屯地・衛生学校<シリーズ78>2008年8月15日)

*マスコミ報道

            広島に眠る仏兵士調査(pdf)(「中国新聞」2003年6月25日)

            広島の仏人墓地で建立105年祈念式(jpg)(「読売新聞」2005年7月9日)

             北清事変の仏兵を国挙げ治療(jpg)(「中国新聞」2008年6月17日)

             北清事変の仏兵を国挙げ治療(Web)(「中国新聞」2008年6月17日)

             108年の厚情に感謝(jpg)(「中国新聞」2008年6月21日)

             1世紀超え初の墓参(jpg)(「産経新聞」2008年6月21日)

             仏人兵士2度は死なせぬ(pdf)(「日本経済新聞」2012年3月14日)

            仏兵士広島搬送の記録(jpg版)(「読売新聞」2016年2月23日)

            仏兵墓地 博愛の証し(jpg版)(「朝日新聞」2016年2月24日)

            原野 昇「広島のフランス人墓地」(『中国新聞』「緑地帯」2018.3.27〜4.5)(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (画像はすべて岩田啓作様ご提供) /在仏日本人会会報 Journal Japon(No.271, 2018年5-6月号、全ページ

*フランスのマスコミ報道ほか        

             Le cimetière des soldats et marins français à Hiroshima *Photo

             Les sept soldats français du cimetière d'HiroshimaOuest-France, le 4 août 2017)

            Le destin de Corentin PosticPresqu'îlien, No.113, Novembre 2003)

            Ils dorment au pays du Sommeil LevantDimanche Ouest-France, le 31 juillet 2005)(笹川日仏財団パリ事務所の故Claire GALLIAN女史の紹介で広島に取材に来たFrançois SIMON記者をフランス人墓地に案内した。)

            HISTOIRE: GUERRE OUBLIÉE ET MÉCONNUE : LES SEPT SOLDATS FRANÇAIS DU CIMETIÈRE D’HIROSHIMA (JAPON) (le 10 août 2017, Rédigé par AMNDVDEN)

A la recherche de descendants

            Visite à Aydat, pays natal de François Cohendy, en 2003, (Journal 1), (Journal 2), (Journal 3)

            Visite à Lanvéoc, pays natal de Corentin Postic, en 2003

            Visite à Aydat en 2004, Mise de la plaque dédiée à François Cohendy, *Photo 1, Photo 2

             * Lettre du Président de la République Jacques CHIRAC (Envelppe 1, Enveloppe 2)

             *Citoyen d'honneur d'Aydat

             *Souvenir français : *Diplôme d'honneur *Réception

            Visite à Artonges, pays natal de Jules Lebeau, en 2004, (Journal1), (Journal 2), (Journal 3), (Journal 4), (Photo 1), (Photo 2)

            Visite à Aydat en 2008 avec l'équipe de la Télévision de Hiroshima (HTV)

             Visite à Kervignac, pays natal de Louis-Marie Carour, en 2008(Le Télégramme, le 4 août 2008, *Japon Infos *Japon Infos en ligne

Cérémonie commémorative

à Hiroshima en présence de descendants (le 20 juin 2008)

            Discours du Colonel Gerbier (Ambassade de France au Japon)

            Message de Pierre Blanchet (Président des anciens combattants de la commune d'Aydat)

*その他の参考文献

                『彰古館ー知られざる軍陣医学の軌跡』、防衛ホーム新聞社、2009年。特にpp.152-162、pp28-29。

                原野 昇「広島のフランス人墓地」『仏蘭西学研究』28号(1998),pp.30-39

                原野 昇「広島フランス人墓地の兵士について(1)」『仏蘭西学研究』34号(2004),pp.1-11

                原野 昇「1900年に広島で治療を受けたフランス人兵士」『仏蘭西学研究』35号

                      (2007),pp.10-25

                原野 昇「負傷フランス兵広島で治療の経緯」『仏蘭西学研究』35号(2007),pp.37-49

                原野 昇「広島における負傷フランス兵の待遇」『仏蘭西学研究』36号(2010),pp.3-15

                原野 昇・山本冴里「山本傅治旧蔵の廣島陸軍豫備病院内の写真について『仏蘭西学研究』39号(2013),pp.53-70

                原野 昇「フランス側史料にみるフランス傷病兵日本後送の経緯」『仏蘭西学研究』43号(2017),pp.14-26

トップページに戻る