川添貴章のウェブサイトへようこそ


 このウェブサイトでは、高圧地球科学の研究(特に地球惑星深部物質レオロジー特性粘性率結晶選択配向欠陥構造)、マントル深部鉱物超高圧合成高温高圧実験技術(マルチアンビル装置)について紹介します。研究対象の鉱物は、カンラン石ウォズリアイト(ワズレアイト)、リングウッダイトブリッジマナイトメージャライトなどです。

 私は上記の研究により、地球・惑星内部のダイナミクスを明らかにしようとしています。また高圧下での物性研究では実験的に困難な部分が多く、研究を進める上でのいろいろな障壁となっています。このため、それらを乗り越えるための実験技術の開発にも積極的に取り組んでいます。私はこれらの研究を進めることで、地球・惑星深部の対流現象の素過程を解明し、地球・惑星の内部構造やその進化過程を理解していきたいと考えています。

 これらの研究は、広島大学大学院先進理工系科学研究科地球惑星システム学プログラムで行っています。


【2020年】
 ・ 4月 4年生2名研究室に加わりました。
准教授へ昇任しました。
 ・ 3月 川井型マルチアンビル高圧発生装置が移設されました。
【2019年】
 ・ 9月 4年生卒業しました。
 ・ 8月 学術論文が「Nature Geoscience」誌に受理されました。
  Sharp 660-km discontinuity controlled by extremely narrow binary post-spinel transition
  T. Ishii, R. Huang, R. Myhill, H. Fei, I. Koemets, Z. Liu, F. Maeda, L. Yuan, L. Wang, D. Druzhbin, T. Yamamoto, S. Bhat, R. Farla,
  T. Kawazoe, N. Tsujino, E. Kulik, Y. Higo, Y. Tange, and T. Katsura
 ・ 8月 学術論文が「American Mineralogist」誌に受理されました。
  Stability, composition, and crystal structure of Fe-bearing phase E in the transition zone
  L. Zhang, J.R. Smyth, T. Kawazoe, S.D. Jacobsen, J. Niu, X. He, and S. Qin
 ・ 7月 学術論文が「American Mineralogist」誌に受理されました。
  Single crystal elasticity of iron-bearing phase E and seismic detection of water in Earth's upper mantle
  N. Satta, H. Marquardt, A. Kurnosov, J. Buchen, T. Kawazoe, C. McCammon, and T. Boffa Ballaran
 ・ 5月 学術論文が「American Mineralogist」誌に受理されました。
  Compressional behavior and spin state of δ-(Al,Fe)OOH at high pressures
  I. Ohira, J.M. Jackson, N.V. Solomatova, W. Sturhahn, G.J. Finkelstein, S. Kamada, T. Kawazoe, F. Maeda, N. Hirao, S. Nakano,
  T.S. Toellner, A. Suzuki, and E. Ohtani
 ・ 5月 学術論文が「Scientific Reports」誌に受理されました。
  Hydrous magnesium-rich magma genesis at the top of the lower mantle
  A. Nakajima, T. Sakamaki, T. Kawazoe, and A. Suzuki
 ・ 1月 学術論文が「Earth and Planetary Science Letters」誌に受理されました。
  Phase relations in the system Fe-Ni-Si to 200 GPa and 3900 K and implications for Earth's core
  T. Komabayashi, G. Pesce, R. Sinmyo, T. Kawazoe, H. Breton, Y. Shimoyama, K. Glazyrin, Z. Konopkova, and M. Mezouar
 【2018年】
 ・ 9月 学術論文が「American Mineralogist」誌に受理されました。
  Activation of [100](001) slip system by water incorporation in olivine and the cause of seismic anisotropy decrease with depth
  in the asthenosphere
  L. Wang, N. Miyajima, T. Kawazoe, and T. Katsura
 ・ 6月   学術論文が「Earth and Planetary Science Letters」誌に受理されました。
  High-pressure single-crystal elasticity of wadsleyite and the seismic signature of water in the shallow transition zone
  J. Buchen, H. Marquardt, S. Speziale, T. Kawazoe, T. Boffa Ballaran, and A. Kurnosov
 ・ 6月  学術論文が「Earth and Planetary Science Letters」誌に受理されました。
  Seismically invisible water in the Earth's transition zone?
  K. Schulze, H. Marquardt, T. Kawazoe, T. Boffa Ballaran, C. McCammon, M. Koch-Mueller, A. Kurnosov, and K. Marquardt
 ・ 6月 学術論文が「Contributions to Mineralogy and Petrology」誌に受理されました。
  Transition metals in the transition zone: partitioning of Ni, Co, and Zn between olivine, wadsleyite, ringwoodite, and clinoenstatite
  L. Zhang, J.R. Smyth, T. Kawazoe, S.D. Jacobsen, and S. Qin
 ・ 4月 学術論文が「Minerals」誌に受理されました。
  Application of Scanning Precession Electron Diffraction in the Transmission Electron Microscope
  to the characterization of deformation in wadsleyite and ringwoodite
  B.C. Nzogang, S. Thilliez, A. Mussi, T. Kawazoe, N. Miyajima, J. Bouquerel, and P. Cordier
 ・ 4月 学術論文が「Scientific Reports」誌に受理されました。
  Complete agreement of the post-spinel transition with the 660-km seismic discontinuity
  T. Ishii, R. Huang, H. Fei, I. Koemets, Z. Liu, F. Maeda, L. Yuan, L. Wang, D. Druzhbin, T. Yamamoto, S. Bhat, R. Farla,
  T. Kawazoe, N. Tsujino, E. Kulik, Y. Higo, Y. Tange, and T. Katsura
 ・ 4月 科学研究費補助金基盤研究(B)(研究代表者)が採択されました。
 ・ 3月 学術論文が「Earth and Planetary Science Letters」誌に受理されました。
  Deformation-induced crystallographic-preferred orientation of hcp-iron: An experimental study using a deformation-DIA apparatus
  Y. Nishihara, T. Ohuchi, T. Kawazoe, Y. Seto, G. Maruyama, Y. Higo, K. Funakoshi, Y. Tange, and T. Irifune
 ・ 3月 白石圭君が研究室配属されました。
【2017年】
 ・11月  ウェブサイトを広島大学のサーバーに移転しました。
 ・10月 広島大学大学院理学研究科地球惑星システム学専攻へ助教(テニュアトラック、卓越研究員)として移りました。
 ・ 9月 学術論文が「High Pressure Research」誌に受理されました。
  Pressure generation to 65 GPa in Kawai‐type multi‐anvil apparatus with tungsten carbide anvils
  T. Ishii, D. Yamazaki, N. Tsujino, X. Fang, Z. Liu, T. Kawazoe, T. Yamamoto, D. Druzhbin, L. Wang, Y. Higo, Y. Tange, T. Yoshino,
   and T. Katsura
 ・ 8月 学術論文が「American Mineralogist」誌に受理されました。
  The equation of state of wadsleyite solid solutions: Constraining the effects of anisotropy and crystal chemistry
  J. Buchen, H. Marquardt, T. Boffa Ballaran, T. Kawazoe, and C. McCammon
 ・ 7月 共同研究者の大平格さんが日本地球惑星科学連合2017年大会にて学生優秀発表賞を受賞されました。
  Single crystal synthesis of δ-(Al,Fe)OOH using multi-anvil apparatus
  I. Ohira, T. Kawazoe, T. Ishii, T. Boffa Ballaran, C. McCammon, A. Suzuki, and E. Ohtani
 ・ 6月 学術論文が「Earth and Planetary Science Letters」誌に受理されました。
  High-pressure, high-temperature deformation of dunite, eclogite, clinopyroxenite and garnetite using in situ X-ray diffraction
  R. Farla, A. Rosenthal, C. Bollinger, S. Petitgirard, J. Guignard, N. Miyajima, T. Kawazoe, W. Crichton, and D. Frost
 ・ 5月 学術論文が「Contributions to Mineralogy and Petrology」誌に受理されました。
  Flow behavior and microstructures of hydrous olivine aggregates at upper mantle pressures and temperatures
  T. Ohuchi, T. Kawazoe, Y. Higo, and A. Suzuki
 ・ 5月 学術論文が「American Mineralogist」誌に受理されました。
  Single crystal synthesis of δ-(Al,Fe)OOH
  T. Kawazoe, I. Ohira, T. Ishii, T. Boffa Ballaran, C. McCammon, A. Suzuki, and E. Ohtani
 ・ 5月 学術論文が「American Mineralogist」誌に受理されました。
  Synthesis and crystal structure of LiNbO3-type Mg3Al2Si3O12: A possible indicator of shock conditions of meteorites
  T. Ishii, R. Sinmyo, T. Komabayashi, T. Boffa Ballaran, T. Kawazoe, N. Miyajima, K. Hirose, and T. Katsura
 ・ 3月 学術論文が「Geophysical Research Letters」誌に受理されました。
  Identical activation volumes of dislocation mobility in the [100](010) and [001](010) slip systems in natural olivine
  L. Wang, S. Blaha, T. Kawazoe, N. Miyajima, and T. Katsura
  
 ・ 1月 CETUS Working Group: Rise of the HERATICs working group meeing」(Lunar and Planetary Institute、ヒューストン)に招待して頂きました。
【2016年】
 ・10月 学術論文が「American Mineralogist」誌に掲載されました。
  Transition metals in the transition zone: crystal chemistry of minor element substitution in wadsleyite
  L. Zhang, J.R. Smyth, J. Allaz, T. Kawazoe, S.D. Jacobsen, and Z. Jin
 ・ 9月 学術論文が「Earth and Planetary Science Letters」誌に掲載されました。
  Creep strength of ringwoodite measured at pressure-temperature conditions of the lower part of the mantle transition zone
  using a deformation-DIA apparatus
  T. Kawazoe, Y. Nishihara, T. Ohuchi, N. Miyajima, G. Maruyama, Y. Higo, K. Funakoshi, and T. Irifune
 ・ 7月 地球深部揮発性元素循環研究に関する日独共同大学院プログラム(バイロイト大学バイエルン地球科学研究所−東北大学 大学院理学研究科)のキックオフシンポジウム「New Challenges in Volatile Cycling in the Deep Earth」に参加しました。
 ・ 5月 学術論文が「American Mineralogist (Letter)」誌に掲載されました。
  Coupled substitution of Fe3+ and H+ for Si in wadsleyite: a study by polarized infrared and Moessbauer spectroscopies
  and single-crystal X-ray diffraction
  T. Kawazoe, A. Chaudhari, J.R. Smyth, and C. McCammon
 ・ 5月 学術論文が「Earth and Planetary Science Letters」誌に掲載されました。
  Temperature dependence of [100](010) and [001](010) dislocation mobility in natural olivine
  L. Wang, S. Blaha, Z. Pinter, R. Farla, T. Kawazoe, N. Miyajima, K. Michibayashi, and T. Katsura
 ・ 3月 大谷栄治先生の最終講義に出席しました。
 ・ 3月 東北大学地学専攻の卓越した大学院拠点形成支援補助金「変動地球惑星学の統合教育研究拠点」により招聘して頂きました。 
 ・ 2月 学術論文が「Review of Scientific Instruments」誌に掲載されました。
  Generation of pressures over 40 GPa using Kawai-type multi-anvil press with tungsten carbide anvils
  T. Ishii, L. Shi, R. Huang, N. Tsujino, D. Druzhbin, R. Myhill, Y. Li, L. Wang, T. Yamamoto, N. Miyajima, T. Kawazoe,
  N. Nishiyama, Y. Higo, Y. Tange, and T. Katsura
【2015年】
 ・11月 学術論文が「American Mineralogist (Lettter)」誌に掲載されました。
  Dislocation microstructures in simple-shear-deformed wadsleyite at transition-zone conditions:
  Weak-beam dark-field TEM characterization of dislocations on the (010) plane
  N. Miyajima, and T. Kawazoe
 ・10月 学術論文が「Science Advances」誌に掲載されました。
  Dislocation-accommodated grain boundary sliding as the major deformation mechanism of olivine in the Earth's upper mantle
  T. Ohuchi, T. Kawazoe, Y. Higo, K. Funakoshi, A. Suzuki, T. Kikegawa, and T. Irifune
 ・ 9月  学術論文が「American Mineralogist (Letter)」誌に掲載されました。
  Synthesis of large wadsleyite single crystals by solid-state recrystallization
  T. Kawazoe, J. Buchen, and H. Marquardt
 ・ 9月 毎年2月にバイエルン地球科学研究所で開催されているショートコース紹介ビデオが出来ました(37秒頃に映っています)。
 ・ 6月  学術論文が「Physics of the Earth and Planetary Interiors」誌に掲載されました。
  In situ observation of crystallographic preferred orientation of deforming olivine at high pressure and high temperature
  T. Ohuchi, Y. Nishihara, Y. Seto, T. Kawazoe, M. Nishi, G. Maruyama, M. Hashimoto, Y. Higo, K. Funakoshi, A. Suzuki,
  T. Kikegawa, and T. Irifune
 ・ 5月  日本地球惑星科学連合大会・国際セッション「Rheology of Earth's Interior S-IT04」にて招待講演をさせて頂きました。
【2014年】
 ・10月 Steven Jacobsen 先生のインタビュービデオ「Are there 'oceans' hiding inside the Earth?」(BBC)で実験室が紹介されました。
  (54秒頃に映っています)
 ・ 7月  学術論文が「Earth and Planetary Science Letters」誌に掲載されました。
  Crystallographic preferred orientation of wadsleyite and ringwoodite:
  effects of phase transformation and water on seismic anisotropy in the mantle transition zone
   T. Ohuchi, K. Fujino, T. Kawazoe, and T. Irifune
 ・ 5月  研究成果が「高圧力の科学と技術」誌24巻2号の表紙を飾りました。
  マントル深部レオロジー研究の最近の進歩(無料です)
   川添貴章
 ・ 1月  学術論文が「Journal of Geophysical Research」誌に掲載されました。
  Rheology of fine-grained forsterite aggregate at deep upper mantle conditions
   Y. Nishihara, T. Ohuchi, T. Kawazoe, D. Spengler, M. Tasaka, T. Kikegawa, A. Suzuki, and E. Ohtani
【2013年】
 ・ 3月  学術論文が「Physics of the Earth and Planetary Interiors」誌に掲載されました。
  Seismic anisotropy in the mantle transition zone induced by shear deformation of wadsleyite
   T. Kawazoe, T. Ohuchi, Y. Nishihara, N. Nishiyama, K. Fujino, and T. Irifune
 ・ 2月  ウェブサイトをUniversity of Bayreuth のサーバーに移転しました。