UD-Book(文字・画像付き音声教材)ホームページ サイト

「UD-Book(文字・画像付き音声教材)」の概要

名称  UD-Book(文字・画像付き音声教材)とUD-Bookプラスの2種類を提供しています。
UD-Bookは,
工程1:読み方を機械的に付与するUD-Book
工程2:機械的に付与されたコンテンツを人が確認して修正するUD-Bookプラスの2工程で製作されます。
対応する教科書  小学校・中学校・高等学校の全ての検定済み教科書に対応しています。
 2022年度は,UD-Book提供初年度であることから,特にニーズの高い,「国語」「社会」「道徳」から製作を開始します。申請時,必要なすべての教科書をご要望いただくことはできますが,2022年度は,上記の3つの教科を優先的に製作し,順次それ以外の教科を対応しますので,上記3教科以外については,年度内に提供できないことをあらかじめご理解ください。
使用アプリ ChromeやSafariなどのブラウザアプリを利用します。
使用機器 iPad,WIndows,Mac,Chromebookで動作します。
行移(リフロー)モード 合成音声で読み上げます。本文の読み方をチェックして,読み間違える部分には読み方を指定したり,より適切に読むように読み方を指定したりしていますので,読み間違いはありません。ただし,イントネーションに違和感がある場合があります。
固定モード 原本教科書に似せて作った配置で閲覧できます。従って,教員が指定した写真や図を閲覧することもできます。テキスト書き込み,描き込み機能を実装していますが,年度当初はこの機能を制限しています。
付加機能 単語をシステム辞書で検索する。ページ番号による移動,ブックマークなどが行えます。
利用方法 利用方法のページにて動画で利用方法を紹介しています。

本事業の概要

事業受託

2019年4月1日受託

平成31年度「音声教材の効率的な制作に関する調査研究」調査研究委員会

2020年1月8日開催

議事録

資料1・音声教材プレゼン資料20191201

資料3・教科書DD活用推進会議・広島大学1in1.pdf

アンケート開始

2020年1月20日から2020年2月12日の期間で利用者アンケートを実施しました。ご協力ありがとうございました。

令和2年度事業計画書提出

2020年2月20日 事業計画書を文部科学省に提出しました。

2020年4月1日 事業を受託しました。

令和2年度「音声教材の効率的な製作に関する調査研究」調査研究委員会を開催

式次第

資料1:事業概要

2021年4月1日 事業を受託しました。

本年度より,e-Pat,e-Patベータの2種類での提供を行っております。

2022年4月1日 事業を受託しました。

本年度より,e-Patの提供を中止し,UD-Bookの提供を行っております。