原 野 昇(HARANO Noboru) のホームページへようこそ

このページに関するお問い合わせ先:nharanoあっとマークhiroshima-u.ac.jp

Facebook はこちら

  

Il était une fois un renard qui ....

Le Roman de Renart (Librairie générale française, 2005)表紙より

最近のトピックス

★Withコロナ時代「食事時の対策

★「ブックカバーチャレンジ

過去のトピックス

CAROTTES

「フランス語テクストを読む会」会員のつぶやき

★林 興一郎「22前の英仏旅行---New!

★竹本 百代「シュクメルリから父を想う---New!

★佐々木真理「プリズン・ブック・クラブ---New!

★佐々木真理「目の手術をした話---New!

★横田 理恵子「節分の日に考えたこと

過去のつぶやき

広島日仏学院

2021年春期講座---New!

★三山秀昭「広島日仏協会の会長に就任して」

(「広島日仏協会報」No.209、2020.12.20)

過去の記事

オラドゥールの悲劇

オラドゥールを訪ねて

★「緑の中の廃墟」読後感想文

「オラドゥールの悲劇」を受講して

★「緑の中の廃墟」書評 ほか

★ 杉山 毅「緑の中の廃墟」(杉山 毅『緑の中の廃墟』溪水社、1987より。pdfファイル作成は溪水社様のご好意による)

SOLDATS ET MARINS FRANÇAIS ENTERRÉS A HIROSHIMA EN 1900 (en français)

明治33(1900)年に広島で永眠した7名のフランス兵士の墓が,広島市の比治山にあり,115年以上にわたって有志の手できれいに清掃され保存されています。場所は放射線影響研究所(旧ABCC)の裏手,陸軍墓地の最南端の一画です。

既 刊 図 書 のご案内

原野昇が関与している著作が中心

広島大学フランス文学教室の窓

被爆者の証言

Témoignages de victimes survécus

服部節子氏の証言:日本語と英語 in English(pdf)(杉田靖子さん提供)

服部節子氏の証言:フランス語 en français(pdf)(J.-G. SANTONI 先生訳)

 長谷川 儀(ただし)神父の証言The Morning of August 6, I was 14 Years Old

29年後に頬破ったガラス片 語れない思いを語る」(古家(旧姓;宍戸)美智子の体験を江刺昭子がレポート)

ヒロシマ・アーカイブ

リンク集

(原野が関係する団体等)

このページに関するお問い合わせ先:nharanoあっとマークhiroshima-u.ac.jp

  

Il était une fois un renard qui ....

原野 昇『ルナールにのせられて』(溪水社、2006)表紙より