Funds/研究費

Prof. Junyi Zhang’s research funds are shown below. 張峻屹教授が獲得した研究費一覧を以下に示す。

Core members in large-scale research/education programs/projects 大型研究・教育プログラム・プロジェクトのコアメンバーとして

Principal Researcher (Scientific Funds) 研究代表者(科研費)

 Principal Researcher (Funds from Local Governments and Firms) 研究代表者(政府・民間)

  • 個人指向型情報通信技術を活用した高速道路安全走行支援策と経路選択行動に与える影響に関する研究,西日本高速道路株式会社中国支社,2013.04~2015.04    Traffic Safety Measures on Expressways based on Individualized ICT Technologies and Their Influence on Drivers’ Route Choice Behavior, West Nippon Expressway Company Limited, Japan, April 2013 ~ March 2015
  • 高速道路における個人指向型交通事故発生予防策及び交通事故対策の再評価の研究,西日本高速道路株式会社中国支社,2012.04~2013.04    Individualized Traffic Accidents Prevention Countermeasures and Re-evaluation of Traffic Safety Countermeasures on Expressways, West Nippon Expressway Company Limited, Japan, April 2012 ~ March 2013
  • アジアにおける低炭素交通システムの研究,ALMEC Co. Ltd.,2011~2012年度 (Basic Data Collection Study on Low-Emission Public Transport System in Lao PDR, JICA, 2012)
  • 中国市場における安心・安全Needs,(株)マツダ,2011.04~2013.04 Safety and Security Needs in the Chinese Market, Mazda Motor Corporation, Japan
  • 北京市におけるSTARWINGS導入効果の試算:経路選択モデルの構築,日産自動車株式会社,2008年度    Evaluating the Effects of Introducing STARWINGS in Beijing City: Development of Route Choice Model, Nissan Motor Company Limited, Japan, April 2008 ~ March 2009
  • 台湾行政院国家科学委員会特別研究プロジェクト,2006-2009年(日本側研究代表者)    Model Development of Travel Product: The Experience in Japan, Taiwan, and China, National Science Council, Taiwan
  • 東広島市の都市魅力づくりと交通の役割に関する研究,平成15年度学園都市づくり推進事業補助金,東広島市    Study on the roles of transportation and urban attractiveness in Higashi-Hiroshima city, Higashi Hiroshima City, Japan

Joint Researcher 文部科学省科研費/公的資金による研究課題(研究分担者)

  • 子育て世帯の多様なライフスタイル実現のための都市のバリアと心のバリアの緩和策,独立行政法人日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究(B)(一般),2016~2018年度)    Measures of mitigating urban and mental barriers for realizing diverse lifestyles of child-rearing households, Grants-in-Aid for Scientific Research (B), Japan Society for the Promotion of Science (JSPS), April 2016 ~ March 2019
  • 労働者の健康保持増進のための森林資源を活用した職域と地域が連携した健康支援の開発,独立行政法人日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究(C)(一般),2016~2018年度)   Development of health support measures under collaboration of workplaces and the region by utilizing forest resources for promotion of workers’ health maintenance, Grants-in-Aid for Scientific Research (C), Japan Society for the Promotion of Science (JSPS), April 2016 ~ March 2019
  • アジアの途上国都市におけるオールド・ニュータウン問題の緩和策,独立行政法人日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究(A)(海外学術調査),20142016年度)    Mitigation measures of old newtowns in Asian developing cities, Grants-in-Aid for Scientific Research (A), Japan Society for the Promotion of Science (JSPS), April 2014 ~ March 2017
  • ネットワーク上の交通行動を記述するためのデータ統融合理論とその応用,独立行政法人日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究(A)(一般),20132016年度)    Data Integration and Fusion Theory and its Application for Describing Travel Behavior in Network, Grants-in-Aid for Scientific Research (A), Japan Society for the Promotion of Science (JSPS), April 2013 ~ March 2017
  • 子育てしやすい働き方の探求と実現のための施策の立案および評価に関する研究,独立行政法人日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究(B)(一般),研究課題番号:80323442,2012~2014年度)
  • 高齢化ニュータウンの新しい地区交通計画手法,独立行政法人日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究(B)(一般), 研究課題番号: 50181409, 2011~2013年度)
  • プローブ技術を援用したデータフュージョン理論による総合的交通行動調査の高度化,独立行政法人日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究(A)(一般),研究課題番号:2124608020092012年度)     A Comprehensive Travel Behavior Survey Based on Data Fusion Theory By Making Full Use of Probe Technology, Grants-in-Aid for Scientific Research (A), Japan Society for the Promotion of Science (JSPS), April 2009 ~ March 2013 
  • 環境省環境研究総合推進費「アジア低炭素社会に向けた中長期的政策オプションの立案・予測・評価手法の開発とその普及に関する総合的研究(課題番号S-6)」,2009~2014年度
  • コンテクスト応答型警告システムの地区全体への導入効果評価手法,独立行政法人日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究(C),研究課題番号:20560491,2008~2010年度)     Methods of Evaluating the Effects of Area-Wide Context-Responsive Traffic Warning System: Grants-in-Aid for Scientific Research (C), Japan Society for the Promotion of Science (JSPS), April 2008 ~ March 2010
  • スマートモビリティネットワークの地域展開に関する研究,独立行政法人日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究(B)(一般),研究課題番号:19360228,2007~2008年度)    Study on Regional Deployment of Smart Mobility Network: Grants-in-Aid for Scientific Research (B), Japan Society for the Promotion of Science (JSPS), April 2007 ~ March 2009
  • アジアハイウェイ・日韓ルートにおける道路案内標示の国際標準化及び交通安全対策に関する研究,独立行政法人学術振興会日本学術振興会日韓科学協力事業共同研究補助金,2006年7月~2008 年6月    Study on International Standards of Road Signs and Traffic Safety Strategies for Korea-Japan Route of the Asian Highway, Japan-Korea Joint Research Program, Japan Society for the Promotion of Science, July 2006 ~ June 2008
  • 都市間交通サービスの欠航・遅延リスクに対応した施設計画,独立行政法人日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究(B)(一般),研究課題番号:17360249,2005~2007年度)    Inter-city transportation facility planning with the consideration of flight cancel and delay risks: Grants-in-Aid for Scientific Research (B), Japan Society for the Promotion of Science (JSPS), April 2005 ~ March 2008
  • アジアハイウエイ・日韓ルートの観光需要予測および観光情報提供政策の評価に関する研究,独立行政法人学術振興会日本学術振興会日韓科学協力事業共同研究補助金,2004年7 月~2006年6月    Study on Tourist Demand Forecasting and Evaluation of Tourist Information Provision Policy for Japan-Korea Route of Asian Highway, Japan-Korea Joint Research Program, Japan Society for the Promotion of Science, July 2004 ~ June 2006
  • 家族の視点からみた持続可能な都市生活の理論的研究及び政策分析,独立行政法人日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究C(2),研究課題番号: 16610008, 2004~2005年度)    Theoretical study and policy analysis of sustainable urban life from the family viewpoint: Grants-in-Aid for Scientific Research (C), Japan Society for the Promotion of Science (JSPS), April 2004 ~ March 2006
  • 文部科学省21世紀COEプログラム「社会的環境管理能力の形成と国際協力拠点」,20032007年度独立行政法人学術振興会日本学術振興会科学研究費補助金)    Social Capacity Development for Environmental Management and International Cooperation: The 21st Century Of Excellence (COE) Program, Japan Society for the Promotion of Science (JSPS), April 2003 ~ March 2008
  • 世帯の自動車保有と利用の変化に関する分析,独立行政法人学術振興会日本学術振興会日仏交流促進事業共同研究補助金,2003.10~2005.09    Analysis on Changes in Household Car Ownership and Use: Japan-France Joint Research Program, Japan Society for the Promotion of Science, October 2003 ~ September 2005
  • 主観的価値に基づく超低床式路面電車の導入事業の評価手法の開発,独立行政法人学術振興会日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究C(2),研究課題番号:14550530,2003~2004年度)    Evaluation of Introducing Low-Floor Light Rail Vehicles Based on Subjective Value: Grants-in-Aid for Scientific Research (C), Japan Society for the Promotion of Science (JSPS), April 2003 ~ March 2005
  • 高度交通情報システムの整備に伴う効果測定システムの開発,独立行政法人日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究C(2),研究課題番号:13650586,2001~2003年度)     Development of an evaluation system to measure the effects of advanced travel information provision system: Grants-in-Aid for Scientific Research (C), Japan Society for the Promotion of Science (JSPS), April 2001 ~ March 2004
  • 選好意識パネルデータを用いたダイナミックモデルの開発,独立行政法人学術振興会日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究C(2),研究課題番号:09650588,1997~1999年度)     Development of Dynamic Models based on Stated Preference Panel Data: Grants-in-Aid for Scientific Research (C), Japan Society for the Promotion of Science (JSPS), April 1997 ~ March 2000
  • 多時点交通機関選好意識データを用いたダイナミックモデルに関する研究,文部省科学研究費補助金(基盤研究C(2),研究課題番号:07650625,1995~1996年度)    Development of dynamic travel mode choice model with stated preference panel data: Grants-in-Aid for Scientific Research (C), Japan Society for the Promotion of Science (JSPS), April 1995 ~ March 1997
  • 子育て世帯の多様なライフスタイルを実現する都市・交通施策に関する研究,日本交通政策研究会,2012年度
  • 子育て世帯の多様なライフスタイルを実現する都市・交通施策に関する研究,日本交通政策研究会,2011年度
  • オールドニュータウンにおける高齢者のモビリティと社会的排除,日本交通政策研究会,2011年度
  • パーソナルモビリティの普及が社会的疎外の緩和に及ぼす影響評価,2011年度広島大学地域連携推進事業
  • 突発的事象時の所要時間予測手法と所要時間信頼性情報提供による利用者交通行動変容の検討,NEXCO中国支社,2010-2011年度    Travel Time Prediction Under Incidental Traffic Conditions and Travel Behavioral Changes Under the Provision of Travel Information on Travel Time Reliability, West Nippon Expressway Company Limited, Japan, December 2010 ~ March 2011
  • 子育てバリアフリー施策とまちづくり,日本交通政策研究会,2010年度
  • 電気自動車の地域活用に関する研究,日産自動車株式会社,2010年度    Regional Deployment of Electric Vehicle, Nissan Motor Company Limited, Japan, December 2010 ~ March 2011 ability, West Nippon Expressway Company Limited, Japan, December 2010 ~ March 2011
  • 地域の課題を効率的に解決するITSの技術の導入戦略に関する調査研究,土木学会,2009年度    Strategic Deployment of ITS (Intelligent Transport Systems) Technologies for Efficiently Resolving Regional Issues, Japan Society of Civil Engineers, April 2009 ~ March 2010
  • 子育て中の外出および社会参加を支援するバリアフリー施策,日本交通政策研究会,2009年度
  • 広島都市圏におけるパーソントリップ調査の独創的な手法構築について,広島大学地域貢献研究,2008年度    Innovative Survey Methods for Transportation Planning of Hiroshima Metropolitan Area, Fund of Hiroshima University, April 2008 ~ March 2009
  • 子育て中の外出および社会参加を支援するバリアフリー施策,日本交通政策研究会,2008年度
  • An Automatic Guidance System of Multi-Modal Travel Information, under the research project titled “Research and Development for User-Oriented Public Transportation” (project duration: December 2007 ∼September 2011) funded by the Korea Research Institute for Human Settlements
  • ITS技術を用いた安全性向上策の検討,西日本高速道路株式会社,2007~2008年度    Study on traffic safety improvement measures by using ITS (Intelligent Transport Systems) technologies, West Nippon Expressway Company Limited, Japan, April 2007 ~ March 2009
  • 「限界集落」を対象とした中山間地域のモビリティ確保と地域再編戦略に関する基礎研究,日本交通政策研究会,2008年度    Basic study on securing mobility and regional re-construction strategies for depopulated regions focusing on “near-collapse villages, The Japan Research Center for Transport Policy, April 2008 ~ March 2009
  • エリアワイドなコンテクスト応答型交通事故警告システムの研究,土木学会,2007年度    Study on area-wide context-responsive traffic accident warning information system, Japan Society of Civil Engineers, April 2007 ~ March 2008
  • 都市の地下環境に残る人間活動の影響,総合地球環境学研究所・研究プロジェクト2-4,2006~2010年度    Human Activity Impacts on Urban Subsurface Environments: Research Institute for Humanity and Nature, Inter-University Research Institute Cooperation, National Institutes for the Humanities, Japan, April 2006 ~ March 2011
  • 連続交差点区間の安全性向上に向けたITS技術の総合的適用,土木学会,2004~2006年度    Comprehensive application of ITS technologies to improve traffic safety at a road section with successive intersection, Japan Society of Civil Engineers, April 2004 ~ March 2007
  • 地方都市における世帯の自動車保有・利用行動と環境効率性の分析,日本交通政策研究会共同研究プロジェクト,2006~2007年度    Analysis of household car ownership and use behavior and efficiency in local cities, The Japan Research Center for Transport Policy, April 2006 ~ March 2008
  • 東広島市の今後の公共交通施策の検討,東広島市,2006年度    Study on public transportation policies in Higashi-Hiroshima city, Higashi Hiroshima City, Japan, April 2006 ~ March 2007
  • 東広島市の公共交通の実態と今後の公共交通施策について,東広島市,2005年度    Survey of current situations of public transportation systems in Higashi-Hiroshima city and future public transportation policies, Higashi Hiroshima City, Japan, April 2005 ~ March 2006
  • 高齢者社会における交通インフラ整備のあり方,日本交通政策研究会,1996~1998年度    The methods of transportation infrastructure improvement for the aging society, The Japan Research Center for Transport Policy, April 1996 ~ March 1999