Publications

査読付き論文 Peer-reviewed articles in SCI journals

  1. Adriano, B., Yokoya, N., Xia, J., Miura, H., Liu, W., Matsuoka, M. and Koshimura, S.: Learning from Multimodal and Multitemporal Earth Observation Data for Building Damage Mapping, ISPRS Journal of Photogrammetry and Remote Sensing, 175, 132-143, 2021,https://doi.org/10.1016/j.isprsjprs.2021.02.016.
  2. Atefi, M. R. and Miura, H.: Volumetric Analysis of the Landslide in Abe Barek, Afghanistan Based on Nonlinear Mapping of Stereo Satellite Imagery-Derived DEMs, Remote Sensing, 13(3), 446, 2021, https://doi.org/10.3390/rs13030446.
  3. Yokoya, N., Yamanoi, K., He, W., Baier, G., Adriano, B., Miura, H. and Oishi, S.: Breaking the Limits of Remote Sensing by Simulation and Deep Learning for Flood and Debris Flow Mapping, IEEE Transactions of Geoscience and Remote Sensing, 2020, https://ieeexplore.ieee.org/document/9261130.
  4. Miura, H., Aridome, T. and Matsuoka, M.: Deep Learning-based Identification of Collapsed, Non-collapsed and Blue Tarp-Covered Buildings from Post-disaster Aerial Image, Remote Sensing, 12(12), 1924, 2020, https://doi.org/10.3390/rs12121924.
  5. Adriano, B., Yokoya, N., Miura, H., Matsuoka, M., Koshimura, S.: A Semiautomatic Pixel-object Method for Detecting Landslides Using Multitemporal ALOS-2 Intensity Images, Remote Sensing, 12(3), 561, 2020, https://doi.org/10.3390/rs12030561.
  6. Miura, H., Fujita, H., Than, K. S. S. and Hibino, Y.: Estimation of Site Response during the 2016 Chauk, Myanmar Earthquake Based on Microtremor-derived S-wave Velocity Structures, Soil Dynamics and Earthquake Engineering, 126, 105781, 2019, https://doi.org/10.1016/j.soildyn.2019.105781.
  7. Tumurbaatar, Z., Miura, H., Tsamba, T.: Site Effect Assessment in Ulaanbaatar, Mongolia through Inversion Analysis of Microtremor H/V Spectral Ratios, Geosciences, 9(5), 228; 2019, https://doi.org/10.3390/geosciences9050228.
  8. Miura, H.: Fusion Analysis of Optical Satellite Images and Digital Elevation Model for Quantifying Volume in Debris Flow Disaster, Remote Sensing, 11(9), 1096; 2019, https://doi.org/10.3390/rs11091096.
  9. Miura, H., Okamura, T., Matsuoka, M., Leal, M., Garcia, H. and Pulido, N.: Empirical Models for Surface and Body Wave Amplifications of Response Spectra in the Bogotá Basin, Colombia, Bulletin of the Seismological Society of America, 109(3), 987-1004, 2019, https://doi.org/10.1785/0120180154.
  10. Miura, H., Midorikawa, S. and Matsuoka, M.: Building Damage Assessment Using High-Resolution Satellite SAR Images of the 2010 Haiti Earthquake, Earthquake Spectra, Vol.32, No.1, pp.591-610, 2016; https://doi.org/10.1193/033014EQS042M.
  11. Midorikawa, S., Yamanaka, H., Chimoto, K., Riddell, R., Miura, H. and Saguchi, K.: Evaluation of Site Effects on Strong Ground Motion Records in Concepcion during the 2010 Maule, Chile Earthquake, Bulletin of the Seismological Society of America, Vol.104, No.5, pp.2503-2511, 2014; https://doi.org/10.1785/0120130249.
  12. Matsuoka, M., Mito, S., Midorikawa, S., Miura, H., Quiroz, L. G., Maruyama, Y. and Estrada, M.: Development of Building Inventory Data and Earthquake Damage Estimation in Lima, Peru for Future Earthquakes, Journal of Disaster Research, Vol.9 No.6, pp. 1032-1041, 2014. https://doi.org/10.20965/jdr.2013.p0328.
  13. Miura, H., Midorikawa, S. and Kerle, N.: Detection of Building Damage Areas of the 2006 Central Java, Indonesia Earthquake through Digital Analysis of Optical Satellite Images, Earthquake Spectra, Vol.29, No.2, pp.453-473, 2013; https://doi.org/10.1193/1.4000139.
  14. Stewart, J. P., Midorikawa, S., Graves, R. W., Khodaverdi, K., Kishida, T., Miura, H., Bozorgnia, Y. and Campbell, K. W.: Implication of Mw 9.0 Tohoku-oki Japan Earthquake for Ground Motion Scaling with Source, Path, and Site Parameters, Earthquake Spectra, Vol.29, No.S1, pp.S1-S21, 2013; https://doi.org/10.1193/1.4000115.
  15. Matsuoka, M., Miura, H., Midorikawa, S. and Estrada, M.: Extraction of Urban Information for Seismic Hazard and Risk Assessment in Lima, Peru Using Satellite Imagery, Journal of Disaster Research, Vol.8, No.2, pp.328-345, 2013 https://doi.org/10.20965/jdr.2013.p0328.
  16. Maruyama, Y., Yamazaki, F., Matsuzaki, S., Miura, H. and Estrada, M.: Evaluation of Building Damage and Tsunami Inundation based on Satellite Images and GIS Data Following the 2010 Chile Earthquake, Earthquake Spectra, No.28, No.S1, pp.S165-S178, 2012; https://doi.org/10.1193/1.4000023.
  17. Midorikawa, S., Miura, H. and Atsumi, T.: Strong Motion Records of the 2011 Tohoku Earthquake and Its Attenuation Characteristics, Journal of Disaster Research, Vol.7, No.6, pp.695-700, 2012 https://doi.org/10.20965/jdr.2012.p0693.
  18. Miura, H., Midorikawa, S., Fujimoto, K., Pacheco, B. M., and Yamanaka, H.: Earthquake Damage Estimation in Metro Manila, Philippines Based on Seismic Performance of Buildings Evaluated by Local Experts’ Judgments, Soil Dynamics and Earthquake Engineering, Vo.28, No.10-11, pp.764-777, 2008; https://doi.org/10.1016/j.soildyn.2007.10.011.
  19. Inoue, S., Wijeyewickrema, A. C., Matsumoto, H., Miura, H., Gunaratna, P., Madurapperuma, M. and Sekiguchi, T.: Field Survey of Tsunami Effects in Sri Lanka due to the Sumatra-Andaman Earthquake of December 26, 2004, Pure and Applied Geophysics, Vol.164, Nos.2-3, pp.395-411, 2007; https://doi.org/10.1007/s00024-006-0161-8.
  20. Wijeyewickrema, A. C., Inoue, S., Gunaratna, P., Madurapperuma, M., Matsumoto, H., Miura, H., and Sekiguchi, T.: Field Survey of the Tsunami Caused by the Sumatra-Andaman Earthquake of December 26, 2004 and the Restoration of Impacted Inland Water Bodies in Sri Lanka, Journal of Disaster Research, Vol.1, No.1, pp.123-130, 2006 https://doi.org/10.20965/jdr.2006.p0123.
  21. Miura, H. and Midorikawa, S.: Updating GIS Building Inventory Data Using High-Resolution Satellite Images for Earthquake Damage Assessment: Application to Metro Manila, Philippines, Earthquake Spectra, Vol.22, No.1, pp.151-168, 2006; https://doi.org/10.1193/1.2162940.

査読付き論文

  1. 三浦弘之, 池奥和歩: 2018年7月豪雨災害における広島県での土石流による被害地域と土砂災害警戒区域の空間分析, 地域安全学会論文集, No.37, pp.11-19, 2020.(PDF 約2.2MB)
  2. 三浦弘之, 松尾敦子, 神野達夫, 重藤迪子, 阿比留哲生:地盤増幅特性,レシーバーファンクションおよびレイリー波位相速度の同時逆解析によるS波速度構造モデルの推定, 日本地震工学会論文集, 第17巻, 第5号, pp.78-95, 2017.
  3. 三浦弘之, 日朝健太:数値標高モデルによる経験的な土石流氾濫域の予測手法の都市域に対する適用性の検討, 地域安全学会論文集, No.31, pp.309-318, 2017.(PDF 約3.8MB)
  4. 野木淑裕, 翠川三郎, 三浦弘之:常時微動による地盤分類とそれに基づく強震時の地盤特性に関する予備的分析, 日本建築学会構造系論文集, 第723号, pp.843-850, 2016.
  5. 三浦弘之, 翠川三郎:兵庫県南部地震後の被害地震での推計震度分布図に基づく激震動の出現面積, 日本地震工学論文集, Vol.16, No.2, pp.64-73, 2016.(PDF 約1.9MB)
  6. 三浦弘之, 翠川三郎, 松岡昌志:撮影方向の異なる高分解能SAR画像を用いた建物被害の検出精度の向上に関する研究, 日本地震工学会論文集, Vol.15, No.7, pp.390-403, 2015.(PDF 約9.0MB)
  7. 三浦弘之, 弓真由子:非線形写像法による航空レーザ測量データの幾何補正とそれに基づく2014年広島豪雨災害での崩壊土砂量の推定, 地域安全学会論文集, No.27, pp.283-291, 2015.(PDF 約2.4MB)
  8. 正月俊行, 翠川三郎, 三浦弘之, 初岡徹朗: 長周期地震動による超高層住宅での室内被害評価 -扉や引出しの開閉を考慮した冷蔵庫の地震時挙動-, 日本建築学会構造系論文集,第707号, pp.189-196, 2015.
  9. 三浦弘之, 林佑介, 神野達夫: 地震観測記録に基づく丘陵造成地での地盤増幅度と盛土厚さの関係, 地域安全学会論文集, Vol.24, pp.33-41, 2014.(PDF 約1.7MB)
  10. 三浦弘之, 真鍋良輔, 神野達夫, 阿比留哲生: 地震記録から抽出された地盤増幅特性とレシーバーファンクションの同時逆解析によるS波速度構造モデルの推定, 日本地震工学会論文集, 第14巻, 第5号, pp.31-49, 2014.(PDF 約1.6MB)<
  11. 三浦弘之, 翠川三郎, Soh Hui Chen: 2010 年ハイチ地震における被害地域検出のための高分解能衛星画像のテクスチャ解析, 日本地震工学会論文集,第12巻, 第6号(特集号), pp.2-20, 2012.(PDF 約9.0MB)
  12. 堀苑子, 翠川三郎, 三浦弘之: 津波ハザードマップ改善のための表示情報に関する基礎的検討, 地域安全学会論文集, Vol.18, pp.251-257, 2012.
  13. 津野靖士, 山中浩明, 翠川三郎, 山本俊六, 三浦弘之, 酒井慎一, 平田直, 笠原敬司, 木村尚紀, 明田河保: 2011年東北地方太平洋沖地震(Mw9.0)の本震記録と余震記録を用いた首都圏およびその周辺地域に於ける長周期地震動の特性, 日本地震工学会論文集, 第12巻, 第5号(特集号), pp.102-116, 2012.
  14. 翠川三郎, 三浦弘之, 司宏俊: 巨大地震の強震動特性に関する予備的解析, 構造工学論文集, Vol.58B, pp.139-144, 2012.
  15. 佐伯琢磨, 翠川三郎, 藤岡正樹, 三浦弘之: 市民指向のWeb版地震ハザード・リスクマップの作成と効果の評価, 地域安全学会論文集, No.15, pp.365-372, 2011.
  16. 翠川三郎, 伊東佑記, 三浦弘之: 兵庫県南部地震以降の被害地震データに基づく建物被害関数の検討, 日本地震工学会論文集, 第11巻, 第4号, pp.34-47, 2011
  17. 石井一徳, 翠川三郎, 三浦弘之: 高分解能衛星画像と数値標高モデルを用いた広域での地形・地盤分類メッシュマップの細密化, 地域安全学会論文集, No.14, pp57-66, 2011.
  18. 丸山喜久, 松崎志津子, 山崎文雄, 三浦弘之, Miguel Estrada: 2010年チリ地震に関する広域被害分析に向けたGISの構築, 土木学会論文集A1, Vol.66, No.1, pp.377-385, 2010.
  19. 三浦弘之, 翠川三郎:人工衛星光学センサ画像の目視判読による2008年中国四川地震での北川県南東部の建物被害分布, 日本地震工学会論文集, 第10巻, 第3号, pp.46-57, 2010.
  20. 翠川三郎, 三浦弘之:高分解能SAR画像による2008年岩手・宮城内陸地震での斜面災害地域の抽出, 日本地震工学会論文集, 第10巻, 第3号, pp.25-32, 2010.
  21. 翠川三郎, 三浦弘之:1968年十勝沖地震の八戸港湾での強震記録の再数値化, 日本地震工学会論文集, 第10巻, 第2号, pp.12-21, 2010.
  22. 石井一徳, 翠川三郎, 三浦弘之:高解像度衛星画像と数値標高モデルを用いた地形・地盤分類メッシュマップ細密化手法の改良, 地域安全学会論文集, No.11, pp.61-68, 2009.
  23. 糸井達哉, 翠川三郎, 鬼頭順三, 三浦弘之, 内山泰生, 坂本成弘: 統計的グリーン関数法で評価した地殻内地震の応答スペクトルのバラツキ, 日本地震工学会論文集, 第9巻, 第1号, pp.128-142, 2009.
  24. 山中浩明, 山田伸之, 翠川三郎, 大堀道広, 三浦弘之, 佐間野隆憲: 首都圏における微動アレイ観測による堆積層のS波速度構造の推定, 東京大学地震研究所彙報, Vol.84, pp.241-249, 2009.
  25. 翠川三郎, 駒澤真人, 三浦弘之:横浜市高密度強震計ネットワークの記録に基づく地盤増幅度と地盤の平均S 波速度との関係, 日本地震工学会論文集, 第8号, 第3巻, pp.19-30, 2008.
  26. 石井一徳, 翠川三郎, 三浦弘之: 数値標高モデルと衛星画像を用いた地形・地盤分類メッシュマップの細密化の検討, 地域安全学会論文集, No.9, pp.121-129, 2007.
  27. 正月俊行, 翠川三郎, 大堀道広, 三浦弘之: 超高層建物におけるオフィス内の家具群の地震時挙動シミュレーション, 日本建築学会構造系論文集, 第620号, pp.43-50, 2007.
  28. 三浦弘之, 翠川三郎: 高分解能衛星画像と数値標高モデルを用いた2004年新潟県中越地震での斜面崩壊地の検出, 日本地震工学会論文集, 第7号, 第5巻, pp.1-14, 2007.
  29. 時松孝次, 関口 徹, 三浦弘之, 翠川三郎: 強震記録から推定したK-NET・JMA小千谷における表層地盤の非線形性状, 日本建築学会構造系論文集,No.600, pp.43-49, 2006.
  30. 三浦弘之, 翠川三郎, 井上聡史: 高解像度数値標高モデルを用いた都市域での急傾斜地崩壊危険箇所の抽出手法, 地域安全学会論文集, No.7, pp.299-306, 2005.
  31. 三浦弘之, 翠川三郎, 藤本一雄, ベニート・パチェコ: 発展途上国における地震被害予測のための建物耐震性能の評価 -マニラ首都圏におけるケーススタディ-, 構造工学論文集, Vol.51B, pp.119-126, 2005.
  32. 翠川三郎, 三浦弘之: 内陸地震による地表での断層変位分布, 構造工学論文集, Vol.50B, pp.531-538, 2004.
  33. 三浦弘之, 翠川三郎: 建物GISデータの更新を目的とした高分解能衛星画像からの建物の自動検出手法, 地域安全学会論文集, No.5, pp.37-44, 2003.
  34. 三浦弘之, 翠川三郎: 3次元深部地下構造がやや長周期地震動の特性に及ぼす影響 -横浜市とその周辺地域における検討-, 地震 第2輯, 第54巻, 第3号, pp.381-395, 2001.

国際会議発表論文【アブストラクトによる査読付き】

  1. Miura, H., Miyashita, D., Kanno, T., Shigefuji, M. and Abiru, T.: Deep Learning-based Site Classification by Microtremor H/V Spectral Ratio, Proceedings of 17th World Conference on Earthquake Engineering, Paper No. 1g-0005, 2020.9.
  2. Miura, H., Matsuoka, M., Lozano, C., Garcia, H. and Pulido, N.: Site Amplification Models of Peak Ground Acceleration and Velocity for the Bogota Basin, Colombia, Proceedings of 17th World Conference on Earthquake Engineering, Paper No. 1f-0026, 2020.9.
  3. Tumurbaatar, Z., Miura, H. and Tsamba, T.: Earthquake Loss Estimation for Buildings in Ulaanbaatar City, Mongolia, Based on Construction Cost Inventory Data, Proceedings of 17th World Conference on Earthquake Engineering, Paper No. 1c-0034, 2020.9.
  4. Sugama, S. and Miura, H.: Extraction of Reflected Waves from Earthquake Motion Records Using Seismic Interferometry for S-wave Velocity Profiling, Proceedings of 17th World Conference on Earthquake Engineering, Paper No. 1f-0025, 2020.9.
  5. Midorikawa, S., Miura, H., Yamada, M.: Interpretation of Ewing Seismogram of the 1923 Kanto, Japan Earthquake at Tokyo, Proceedings of 17th World Conference on Earthquake Engineering, Paper No. 1d-0025, 2020.9.
  6. Adriano, B., Xia, J., Yokoya, N., Miura, H., Matsuoka, M. and Koshimura, S.: Damage Characterization in Urban Environments from Multitemporal Remote Sensing Datasets Built from Previous Events, Proceedings of IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium (IGARSS), Paper No. 3488, 2020.
  7. Huang, P.-J., Cheng, M.-L., Matsuoka, M. and Miura, H.: Geometric Correction and Soil Volume Estimation in Debris Flow Areas Using LiDAR Data, Proceedings of the 40th Asian Conference on Remote Sensing, ThA2-1, pp.1-8, 2019.10
  8. Tumurbaatar, Z. and Miura, H.: Estimation of Shear-wave Velocity Structure Using Microtremor Measurements in Ulaanbaatar, Mongolia, Proceedings of 10th International Structural Engineering and Construction Conference (10-ISEC), 2019.05
  9. Miura, H., Matsuo, A., Kanno, T., Shigefuji, M. and Abiru, T.: Estimation of Shear-wave Velocity Profiles by Joint Inversion of Earthquake Ground Motion Data and Microtremor Array Dispersion Data, Proceedings of 16th European Conference on Earthquake Engineering, Paper No. 10877, 2018.06
  10. Goto, T., Miura, H., Matsuoka, M., Mochizuki, K. and Koiwa, H.: Building Damage Detection from Optical Images based on Histogram Equalization and Texture Analysis Following the 2016 Kumamoto, Japan Earthquake, Proceedings of International Symposium on Remote Sensing 2017, Registration ID: ISRS20170274, 2017.05
  11. Miura, H., Matsuoka, M. and Eraso, J.: Estimation of Ground Shaking Distribution Based on Empirical Models and Vs30 Map in Bogota, Colombia, Proceedings of 16th World Conference on Earthquake Engineering, Paper No. 4706, 2017.01.
  12. Midorikawa, S., Nogi, Y. and Miura, H.: Preliminary Evaluation of Site Amplification from Strong Motion Records of the 2011 Tohoku, Japan Earthquake, Proceedings of 16th World Conference on Earthquake Engineering, Paper No. 674, 2017.01.
  13. Miura, H.: Soil Volume Estimation in Debris Flow Areas Using LiDAR Data in the 2014 Hiroshima, Japan Rainstorm, Proceedings of SPIE Remote Sensing, Paper No. 9644-21, 2015.09.
  14. Midorikawa, S., Miura, H. and Nogi, Y.: Site Characterization for Strong Motion Data of the 2011 Tohoku, Japan Earthquake, Proceedings of 10th U.S. National Conference on Earthquake Engineering, Paper No.85047, 2014.
  15. Matsuoka, M., Miura, H., Koshimura, S., Maruyama, Y.: Building Damage Estimation Model Using TerraSAR-X Observing the 2010 Haiti Earthquake, Proceedings of the 34th Asian Conference on Remote Sensing, pp.SC05-168-174, CD-ROM, 2013.
  16. Kishida, T., Stewart, J. P., Graves. R. W., Midorikawa, S., Miura, H., Bozorgnia Y. and Campbell, K. W.: Comparison of Ground Motion Attributes from 2011 Tohoku-Oki Mainshock and Two Subsequent Events, Proceedings of 10th International Conference on Urban Earthquake Engineering, pp.99-106, 2013.
  17. Midorikawa, S., Atsumi, T. and Miura, H.: High Intensity Records Observed in the 2011 Tohoku Earthquake, Proceedings of 10th International Conference on Urban Earthquake Engineering, pp.119-124, 2013.
  18. Tsuno, S., Yamanaka, H., Midorikawa, S., Miura, H., Sakai, S., Hirata, N., Miyake, H., Sakaue, M. and Kokestu, K.: Local Site Effects Observed in Shinagawa and Odawara, Japan, during the 2011 off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake, Proceedings of 10th International Conference on Urban Earthquake Engineering, pp.135-138. 2013.
  19. Miura, H., Midorikawa, S. and Matsuoka, M.: Estimation of Urban Growth Using Time-Series Landsat Satellite Images in Lima, Peru, Proceedings of 10th International Conference on Urban Earthquake Engineering, pp.179-186, 2013.
  20. Estrada, M., Matsuoka, M. and Miura, H.: Evaluation of Seismic Vulnerable Areas in Lima City by Using Satellite Information, Proceedings of 10th International Conference on Urban Earthquake Engineering, pp.1613-1616, 2013.
  21. Miura, H., Midorikawa, S. and Soh, H.-C.: Building Damage Detection of the 2010 Haiti Earthquake Based on Texture Analysis of High-Resolution Satellite Images, Proceedings of 15th World Conference on Earthquake Engineering, Paper No.1816, 2012.
  22. Midorikawa, S., Miura, H. and Si, H.: Preliminary Analysis for Characteristics of Strong Ground Motion from Gigantic Earthquakes, Proceedings of 15th World Conference on Earthquake Engineering, Paper No.0941, 2012.
  23. Miura, H. and Midorikawa, S.: Preliminary Analysis for Building Damage Detection from High-Resolution SAR Images of the 2010 Haiti Earthquake, Joint Conference Proceedings of 9th International Conference on Urban Earthquake Engineering and 4th Asia Conference on Earthquake Engineering, Paper No.01-212, 2012.
  24. Midorikawa, S., Miura, H. and Atsumi, T.: Strong Ground Motion during the 2011 Off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake, Joint Conference Proceedings of 9th International Conference on Urban Earthquake Engineering and 4th Asia Conference on Earthquake Engineering, Paper No.01-044, 2012.
  25. Tsuno, S., Yamanaka, H., Miura, H., Midorikawa, S., Sakai, S., Hirata, N., Kasahara, K., Kimura, H., Aketagawa, T.: Dominant Periods of H/V Spectral Ratios of Coda Waves in the Tokyo Metropolitan Area, Using Recent Seismic Networks, Proceedings of the 10th Society of Exploration Geophysicists International Symposium - Imaging and Interpretation, pp.92-95, 2011.
  26. Midorikawa, S. and Miura, H.: Strong Motion Record Observed at Concepcion during the 2010 Chile Earthquake, Proceedings of 8th International Conference on Urban Earthquake Engineering, Paper No.01-112, 2011.
  27. Estrada, M., Miura, H., Yamazaki, F. and Midorikawa, S.: Land Use Evaluation Using Satellite Imagery for Urban Inventories, Proceedings of 8th International Conference on Urban Earthquake Engineering, Paper No.14-181, 2011.
  28. Miura, H., Midorikawa, S. and Kerle, N.: Evaluation of Building Damage Areas of the 2006 Central Java, Indonesia Earthquake Detected from Satellite Optical Images, Proceedings of 8th International Conference on Urban Earthquake Engineering, Paper No.01-102, 2011.
  29. Miura, H. and Midorikawa, S.: Building Damage Distribution in the Southern Part of Beichuan County by the 2008 Wenchuan, China, Earthquake Detected from Satellite Optical Images, Proceedings of 9th US National and 10th Canadian Conference on Earthquake Engineering, Paper No. 789, 2010.
  30. Midorikawa, S., Hatsuoka, T., Miura, H. and Masatsuki, T.: Seismic Behavior of Kitchen Furniture in High-Rise Building due to Long-Period Ground Motion, Proceedings of 9th US National and 10th Canadian Conference on Earthquake Engineering, Paper No. 459, 2010
  31. Miura, H. and Midorikawa, S.: Distribution of Building Damage Areas Detected from Satellite Optical Images of the 2006 Central Java, Indonesia, Earthquake, Joint Conference Proceedings of 7th International Conference of Urban Earthquake Engineering and 5th International Conference on Earthquake Engineering, Paper No.01-148, 2010.
  32. Midorikawa, S. and Miura, H.: Upthrow of Objects during Recent Earthquakes in Japan, Joint Conference Proceedings of 7th International Conference of Urban Earthquake Engineering and 5th International Conference on Earthquake Engineering, Paper No.01-280, 2010.
  33. Ishii, K., Midorikawa, S. and Miura, H.: Detailed Mapping of Geomorphologic Classification Using High-resolution Satellite Image and Digital Elevation Model for Seismic Hazard, Earthquake, Joint Conference Proceedings of 7th International Conference of Urban Earthquake Engineering and 5th International Conference on Earthquake Engineering, Paper No.01-303, 2010.
  34. Miura, H. and Midorikawa, S.: Damage of the 2008 Wenchuan, China Earthquake Observed in Satellite Optical and SAR Images, Proceedings of the 6th International Conference on Urban Earthquake Engineering, pp.83-86, 2009.
  35. Midorikawa, S. and Miura, H.: Landslides during the 2008 Iwate-Miyagi-Nairiku, Japan Earthquake Observed in High-Resolution SAR Images, Proceedings of the 6th International Conference on Urban Earthquake Engineering, pp.91-94, 2009.
  36. Itoi, T., Midorikawa, S., Kito, J., Miura, H., Uchiyama, Y. and Sakamoto, S.: Variability in Response Spectra of Ground Motion from Moderate Crustal Earthquake using Stochastic Green’s Function Method, Proceedings of the 6th International Conference on Urban Earthquake Engineering, pp.67-72, 2009.
  37. Ishii, K., Midorikawa, S. and Miura, H.: Spatial Spectral Characteristics of High-Resolution Satellite Image at Each Geomorphology for Detailed Geomorphologic Classification Mapping, Proceedings of the 6th International Conference on Urban Earthquake Engineering, pp.161-166, 2009.
  38. Miura, H. and Midorikawa, S.: Detection of Building Damage Areas due to the 2006 Central Java, Indonesia Earthquake Using High-Resolution Satellite Images, Proceedings of 14th World Conference on Earthquake Engineering, Paper ID 07-0010, 2008.
  39. Ishii, K., Midorikawa, S. and Miura, H.: Detailed Mapping of Engineering Geomorphologic Classification Map using High-Resolution Satellite Images, Proceedings of 14th World Conference on Earthquake Engineering, Paper ID 07-0079, 2008.
  40. Midorikawa, S. and Miura, H.: Nonlinear Behavior of Soil Response Observed in Strong-Motion Records from Recent Japanese Earthquakes, Proceedings of 14th World Conference on Earthquake Engineering, Paper ID 02-0017, 2008.
  41. Masatsuki, T., Midorikawa, S., Ohori, M., Miura, H. and Kitamura, H.: Seismic Behavior of Office Furniture in High-Rise Buildings due to Long-Period Ground Motions, Proceedings of 14th World Conference on Earthquake Engineering, Paper ID S10-034, 2008.
  42. Midorikawa, S., Masatsuki, T., Ohori, M. and Miura, H.: Seismic Behavior of Office Furniture in High-Rise Building due to Long Period Ground Motion, Proceedings of 5th International Conference on Urban Earthquake Engineering, pp.73-76, 2008.
  43. Ishii, K., Midorikawa, S. and Miura H.: Characteristics of High-Resolution Satellite Image at Different Land Use Units for Detailed Geomorphologic Classification Mapping, Proceedings of 5th International Conference on Urban Earthquake Engineering, pp.119-124, 2008.
  44. Miura, H. and Midorikawa, S.: Detection of Slope Failure Areas Using High-Resolution Satellite Images and Digital Elevation Model for the 2004 Niigata-Ken Chuetsu, Japan Earthquake, Proceedings of 5th International Conference on Urban Earthquake Engineering, pp.559-564, 2008.
  45. Miura, H., Yamazaki, F., and Matsuoka, M.: Identification of Damaged Areas due to the 2006 Central Java, Indonesia Earthquake Using Satellite Optical Images, Proceedings of Urban Remote Sensing Joint Event, Paper No.DIS4, 2007.
  46. Miura, H., F. Yamazaki, and M. Matsuoka: Building Damage Assessment after the 2006 Central Java, Earthquake Using High-Resolution Satellite Images, Proceedings of 4th International Conference on Urban Earthquake Engineering, pp.503-510, 2007.
  47. Miura, H. and Midorikawa, S.: Characteristics of Tsunami Inundation Area in the Eastern Part of Sri Lanka Due to the 2004 Sumatra Earthquake Observed in High-Resolution Satellite Images, Proc. SPIE’s 5th International Symposium on Asia-Pacific Remote Sensing, Paper No.6412-46, 2006.
  48. Miura, H. and Midorikawa, S.: Slope Failures by the 2004 Niigata-ken Chuetsu, Japan Earthquake Observed in High-Resolution Satellite Images, Proceedings of 4th International Workshop on Remote Sensing for Post-Disaster Response, pp.8.1-8.6, 2006.
  49. Miura, H., Wijeyewickrema, A. C. and Inoue, S.: Evaluation of Tsunami Damage in the Eastern Part of Sri Lanka Due to the 2004 Sumatra Earthquake Using Remote Sensing Technique, Proceedings of 100th Anniversary 1906 San Francisco Earthquake Conference, Paper No.8NCEE-856, 2006.
  50. Miura, H. and Midorikawa, S.: Extraction of Tsunami Inundation Area in the Eastern Part of Sri Lanka due to the 2004 Sumatra Earthquake Using High-resolution Satellite Images, Proceedings of 3rd International Conference on Urban Earthquake Engineering, pp.237-244, 2006.
  51. Midorikawa, S., Miura, H. and Inoue, S.: Use of Digital City for Seismic Hazard Representation, Proceedings of 3rd International Conference on Urban Earthquake Engineering, pp.703-706, 2006.
  52. Inoue, S., Wijeyewickrema, A. C., Matsumoto, H., Miura, H., Gunaratna, P., Madurapperuma, M. and Sekiguchi, T.: Tsunami Arrival Time in Sri Lanka due to the 2004 Sumatra Earthquake, Proceedings of 3rd International Conference on Urban Earthquake Engineering, pp.231-236, 2006.
  53. Wijeyewickrema, A. C., Inoue, S., Matsumoto, H., Miura, H., Gunaratna, P., Madurapperuma, M. and Sekiguchi, T.: Report of Two Field Visits to Assess Tsunami Damage in Sri Lanka due to the Sumatra-Andaman Earthquake of December 26, 2004, Proceedings of 3rd International Conference on Urban Earthquake Engineering, pp.219-229, 2006.
  54. Miura, H. and Midorikawa, S.: Slope Failure Potential Mapping in Urban Area Using High-Resolution Digital Elevation Model, Proceedings of 2nd International Conference on Urban Earthquake Engineering, pp.301-306, 2005.
  55. Midorikawa, S. and Miura, H.: Strong Motion Records Observed in the 2004 Niigata-Ken-Chuetsu Earthquake, Proceedings of 2nd International Conference on Urban Earthquake Engineering, pp.21-26, 2005.
  56. Miura, H., Midorikawa, S. and Fujimoto, K.: Automated Building Detection from High-Resolution Satellite Image for Updating GIS Building Inventory Data, Proceedings of 13th World Conference on Earthquake Engineering, Paper No.678, 2004.
  57. Miura, H., Midorikawa, S. and Fujimoto, K.: Updating of GIS Building Inventory Data for Earthquake Damage Assessment Using High-Resolution Satellite Image -Application to Metro Manila, Philippines-, Proceedings of the 1st International Conference on Urban Earthquake Engineering, pp.525-532, 2004.
  58. Miura, H., Midorikawa, S. and Kinoshita, S.: Characteristics of Love Wave Propagation in the Southern Part of the Kanto Basin, Proceedings of 6th International Conference on Seismic Zonation, Paper No.2-72B, 2000.

国際会議の招待講演

  1. Miura, H.: Applications of Remote Sensing Technology for Tsunami Damage Assessment of the 2011 Tohoku Earthquake, Japan, Proceedings of 4th AUN/SEED-Net Regional Conference on Geo-Disaster Mitigation in ASEAN, 6pp., 2011. (基調講演).
  2. Miura , H.: Evaluation of Site Effect by Microtremor and Building Damage Estimation due to a Scenario Earthquake, Seminar wit MJEED Members, 2018.3 (Ulaanbaatar, Mongolia).

その他の国際会議・国際ワークショップの論文【査読なし】

  1. Miura, H. and Fujita, H.: Equivalent Linear Analysis of Ground Motions Based on Microtremor-derived S-Wave Velocity Structures, Proceedings of 13th Research Conference on Geotechnical Issues on Buildings and Structures and Mongolian-Japan 3nd Joint Seminar on Earthquake Engineering, pp.20-32, 2019.3.
  2. Miura, H.: Application of Average Shear Wave Velocity-Based Empirical Models for Estimation of Earthquake Response Spectra, Proceedings of 12th Research Conference on Geotechnical Issues on Buildings and Structures and Mongolian-Japan 2nd Joint Seminar on Earthquake Engineering, pp.35-42, 2018.3.
  3. Zorigt, T. and Miura, H.: Strong Ground Motion Simulation and Seismic Response Analysis for Ulaanbaatar City, Proceedings of 12th Research Conference on Geotechnical Issues on Buildings and Structures and Mongolian-Japan 2nd Joint Seminar on Earthquake Engineering, pp.47-52, 2018.3.
  4. Miura, H., Midorikawa, S. and Soh, H.-C.: Texture Characteristics of High-Resolution Satellite Images In Damaged Areas of the 2010 Haiti Earthquake, Proceedings of 10th International Workshop on Remote Sensing for Disaster Response, 9pp, 2012.
  5. Midorikawa, S., Miura, H. and Atsumi, T.: Characteristics of Strong Ground Motion from the 2011 Gigantic Tohoku, Japan Earthquake, Proceedings of The International Symposium for CISMID 25th Anniversary Technological Advances and Learned Lessons from Last Great Earthquakes and Tsunamis in the World, Paper No. 123, 2012.
  6. Miura, H., Midorikawa, S. and Hui Chen, S.: Texture Characteristics of High-Resolution Satellite Images in Damaged Areas of the 2010 Haiti Earthquake, Proceedings of 9th International Workshop on Remote Sensing for Disaster Response, 8pp, 2011.
  7. Maruyama, Y., Yamazaki, F., Matsuzaki, S., Miura, H. and Estrada, M.: Development of Building Damage and Tsunami Inundation GIS Dataset Following the 2010 Chile Earthquake, Proceedings of 3rd Asian Earthquake Engineering, Paper No. ACEE-A-038, 2010.
  8. Midorikawa, S. and Miura, H.: Strong Ground Motion during Gigantic Chile Earthquake, Proceedings of 3rd Asian Earthquake Engineering, Paper No. ACEE-P-069, 2010.
  9. Miura, H., Midorikawa, S. and Kerle, N.: Building Damage Distribution of the 2006 Central Java, Indonesia, Earthquake Detected from Satellite Optical Images, Proceedings of 8th International Workshop on Remote Sensing for Disaster Management, 9pp, 2010.
  10. Miura, H. and Midorikawa, S.: Visual Damage Detection in Beichuan County Using Optical Images of the 2008 Wenchuan, China, Earthquake, Proceedings of 7th International Workshop on Remote Sensing and Disaster Response, 8pp., 2009.
  11. Midorikawa, S. and Miura, H.: Preliminary Analysis of High-Resolution SAR Image for Detection of Landslide Area, Proceedings of 7th International Workshop on Remote Sensing and Disaster Response, 6pp, 2009.
  12. Miura, H. and Midorikawa, S.: Detection of Slope Failure Areas Using IKONOS Images and Digital Elevation Model for the 2004 Niigata-ken Chuestu, Japan Earthquake, Proceedings of 6th International Workshop on Remote Sensing for Disaster Applications, Paper No.4-1, 2008.
  13. Midorikawa, S. and Miura, H.: Damage and High-Resolution SAR Image in the 2008 Iwate-Miyagi-Nairiku, Japan Earthquake, Proceedings of 6th International Workshop on Remote Sensing for Disaster Applications, Paper No.3-1, 2008.
  14. Miura, H. and Midorikawa, S.: Detection of Building Damage due to the 2006 Central Java, Indonesia Earthquake Using Satellite Optical Images, Proceedings of 5th International Workshop on Remote Sensing Applications to Natural Hazards, pp.7.1-7.6, 2007.
  15. Midorikawa, S., Ishii, K. and Miura, H.: Characteristics of Remote Sensing Image and Digital Elevation Model at Different Site Geomorphology, Proceedings of 5th International Workshop on Remote Sensing Applications to Natural Hazards, pp.20.1-20.5, 2007.
  16. Wijeyewickrema, A. C., Madurapperuma, M., Inoue, S., Miura, H., Matsumoto, H., and Gunaratna, P.: An Introduction to Tsunamis and Report of Tsunami Field Survey in Sri Lanka due to the Sumatra-Andaman Earthquake of December 26, 2004, Proceedings of Design of Foundations in Seismic Areas: Principles and Some Applications (Edited by G. Bhattacharya and S. Bhattacharya), Chapter-8: Tsunami, pp.1-26, 2007.
  17. Wijeyewickrema, A. C., Inoue, S., Sekiguchi, T., Miura, H., Matsumoto, H., Gunaratna, P. and Madurapperuma M.: Tsunami Damage in Sri Lanka Due to the Sumatra Earthquake of December 26, 2004, Proceedings of International Association of Seismology and Physics of the Earth's Interior (IASPEI) General Assembly, Abstract No.5, 2005.
  18. Miura, H., Wijeyewickrema, A. and Inoue, S.: Evaluation of Tsunami Damage in the Eastern Part of Sri Lanka Due to the 2004 Sumatra Earthquake Using IKONOS Images, Proceedings of 1st Bangladesh Earthquake Symposium, pp.287-294, 2005.
  19. Miura, H., Wijeyewickrema, A. C. and Inoue, S.: Evaluation of Tsunami Damage in the Eastern Part of Sri Lanka Due to the 2004 Sumatra Earthquake Using High-Resolution Satellite Images, Proceedings of 3rd International Workshop on Remote Sensing for Post-Disaster Response, pp.1-4, 2005.
  20. Midorikawa, S., Fujimoto, K., Yamanaka, H., Miura, H., Pacheco, B. M. and Bautista, B. C.: GIS-Based Earthquake Damage Assessment Considering Seismic Capacity of Existing Buildings in Metro Manila, Philippines, Proceedings of 1st Asia Conference on Earthquake Engineering, pp.377-387, 2004.
  21. Midorikawa, S., Fujimoto, K., Yamanaka, H. and Miura, H.: GIS-Based Building Damage Assessment Due to A Scenario Earthquake in Metro Manila, Philippines, Proceedings of Stakeholder's Workshop on Knowing The Seismic Capacity of Our Existing Buildings, pp.3.1-3.8, 2003.
  22. Miura, H. and Midorikawa, S.: Use of High-Resolution Satellite Image for Updating GIS Building Inventory Data, Proceedings of Joint Workshop on US-Japan Cooperative Research in Urban Earthquake Disaster Mitigation, pp.111-115, 2003.

国内のシンポジウムの論文【アブストラクトによる査読付き】

  1. 三浦弘之, 翠川三郎, Norman Kerle: 人工衛星光学センサ画像から検出された2006年インドネシア・ジャワ島中部地震での建物被害分布, 第13回日本地震工学シンポジウム, pp.3503-3510, 2010.
  2. 翠川三郎, 三浦弘之: 2010年チリ・マウレ地震の強震記録の特徴と強震観測点の地盤特性, 第13回日本地震工学シンポジウム, pp.1084-1089, 2010.
  3. 丸山喜久, 山崎文雄, 三浦弘之, 松崎志津子, Miguel Estrada: 2010年チリ地震・津波災害の現地調査 -広域被害分析に向けたGISの構築-, 第13回日本地震工学シンポジウム, pp.1138-1145, 2010.
  4. 三浦弘之, 翠川三郎: 高分解能衛星画像にみられる2004 年新潟県中越地震での斜面災害発生箇所の特徴, 第12回日本地震工学シンポジウム論文集, pp.1514-1517, 2006.
  5. 三浦弘之, 松岡昌志, 山崎文雄, 砂金伸治: 人工衛星リモートセンシングから観た2006年ジャワ島中部地震の被害, 第12回日本地震工学シンポジウム論文集, pp.92-95, 2006.
  6. 翠川三郎, 三浦弘之, 井上聡史: デジタルシティを利用した市民のための3次元地震ハザードマップの試作, 第12回日本地震工学シンポジウム論文集, pp.366-369, 2006.
  7. 大堀道広, 翠川三郎, 三浦弘之: 千葉県北西部を震源とするやや深発の地震による強震動の方位依存性について, 第12回日本地震工学シンポジウム論文集, pp.230-233, 2006.
  8. 井上修作, Wijeyewickrema, A. C., 松本浩幸, 三浦弘之: 2004年スマトラ沖地震におけるスリランカでの津波到達時刻, 第12回日本地震工学シンポジウム論文集, pp.1562-1565, 2006.

国内の学会発表・シンポジウムの論文【査読なし】

  1. 白川隼也, 三浦弘之: 津波波力計算法を利用した土石流による木造家屋の安全性評価, 日本建築学会中国支部研究報告集, 第44巻, pp.257-260, 2021.3
  2. 三浦弘之, 潘達, 神野達夫, 重藤迪子, 阿比留哲生: AI技術を利用した微動H/Vスペクトル比による地盤増幅特性の経験的推定の試行, 第48回地盤震動シンポジウム, 日本建築学会, pp.53-56, 2020.11.
  3. 三浦弘之: 2020年7月豪雨で被災した熊本県球磨村周辺でのパラモーターによる空撮データのオルソ化と深層学習による建物被害推定, 第47回地域安全学会研究発表会(秋季), pp.41-44, 2020.10.
  4. 三浦弘之, 河内辰也, 神野達夫, 重藤迪子, 阿比留哲生: PS検層による走時曲線と地表/地中スペクトル比の同時逆解析によるS波速度構造とQs値の推定, 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東), 構造II, pp.135-136, 2020.9.
  5. 潘達, 三浦弘之, 神野達夫, 重藤迪子, 阿比留哲生: 微動H/Vスペクトル比による地盤増幅特性の簡易推定法に関する予備的検討, 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東), 構造II, pp.92-93, 2020.9.
  6. 三浦弘之, 戸川肇: 2018年7月豪雨災害における土石流の近傍で観測された地盤震動データの分析, 第46回地域安全学会研究発表会(春季), pp.89-92, 2020.5.
  7. 池森仁哉, 神野達夫, 重藤迪子, 三浦弘之, 阿比留哲生: 微動アレイ観測に基づく中国地方のKiK-net観測点の浅部地下構造の推定, 日本建築学会中国支部研究報告集, 第43巻, pp.277-280, 2020.03.
  8. 三浦弘之, 藤田秀隆: ミャンマー・ヤンゴンにおける微動H/Vスペクトル比による地盤特性の評価, 日本建築学会中国支部研究報告集, 第43巻, pp.281-284, 2020.03.
  9. 藤田秀隆, 三浦弘之: ミャンマー・マンダレーにおける微動を用いた地盤構造モデルの推定と想定地震による強震動予測, 日本建築学会中国支部研究報告集, 第43巻, pp.285-288, 2020.03.
  10. 有留那博, 三浦弘之: 災害後の航空写真を用いた深層学習モデルによる建物被害の自動判読, 日本建築学会中国支部研究報告集, 第43巻, pp.289-292, 2020.03.
  11. 有留那博, 三浦弘之: 深層学習に基づく地震後の航空写真からの建物被害判読, 日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸), pp.379-380, 2019.9.(2019年度日本建築学会大会(北陸)学術講演会 構造部門(振動) 若手優秀発表賞受賞
  12. 三浦弘之, 翠川三郎: 深層学習を用いた微動 H/Vスペクトル比による地盤分類, 日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸), pp.515-516, 2019.9.
  13. 藤田秀隆, 三浦弘之: ミャンマー・マンダレーにおける微動を用いた S 波速度構造モデルとそれに基づく地盤増幅特性の推定, 日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸), pp.523-524, 2019.9.
  14. 河内辰也, 三浦弘之, 神野達夫, 重藤迪子, 阿比留哲生,青井真: PS 検層による走時曲線と地表/地中スペクトル比の同時逆解析による S 波速度構造モデルの推定, 日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸), pp.561-562, 2019.9.
  15. 翠川三郎, 三浦弘之: 観測点密度による推計震度分布の変化について, 日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸), pp.595-596, 2019.9.
  16. 三浦弘之: 空間情報による広島県土石流災害の評価, 第7回防災学術連携シンポジウム「平成30年夏に複合的に連続発生した自然災害と学会調査報告」, 2019.3.
  17. 藤嶋大樹, 三浦弘之, 神野達夫, 重藤迪子, 阿比留哲生: 堆積地盤上における地震動・微動H/Vスペクトル比の逆解析によるS波速度構造モデルの推定とそれに基づく地盤増幅特性の評価, 日本建築学会中国支部研究報告集, 第42巻, pp.99-103, 2019.3.(2018年度日本建築学会中国支部研究発表会 構造部門 若手優秀発表賞受賞
  18. 三浦弘之, 翠川三郎: 東京湾内の地震観測記録に基づく長周期動伝播特性の検討, 第15回日本地震工学シンポジウム, Paper No. OS2-04-03, pp.1389-1398, 2018.12.
  19. 有留那博, 三浦弘之: 深層学習に基づくリモートセンシング画像からの建物被害の自動判読, 第15回日本地震工学シンポジウム, Paper No. GO07-01-08, pp.1247-1256, 2018.12.
  20. 藤田秀隆, 三浦弘之, Khaing Su Su Than, 日比野陽: 2016年ミャンマー地震の被災地での微動を用いた地盤特性の把握とそれに基づく地震動の推定, 第15回日本地震工学シンポジウム, Paper No.PS1-01-40, pp.2986-2995, 2018.12.
  21. 河内辰也, 三浦弘之, 神野達夫, 重藤迪子, 阿比留哲生, 中村洋光, 青井真: PS検層による走時曲線と地表/地中スペクトル比の同時逆解析に基づくS波速度構造モデルの高精度化, 第15回日本地震工学シンポジウム, Paper No. GO03-01-02, pp.197-205, 2018.12.
  22. 藤嶋大樹, 三浦弘之, 神野達夫, 重藤迪子, 阿比留哲生, 中村洋光, 青井真: 地震動・微動H/Vスペクトル比の逆解析によるS波速度構造モデルの推定精度に関する検討, 第15回日本地震工学シンポジウム, Paper No.GO10-02-03, pp.2141-2149, 2018.12.
  23. 田中斐佳, 古谷英康, 木戸智之, 神野達夫, 重藤迪子, 三浦弘之, 阿比留哲生: 不整形地盤における地震記録と微動記録を用いた2次元地盤構造モデルの構築, 第15回日本地震工学シンポジウム, Paper No. GO10-02-01, pp.2123-2132, 2018.12.
  24. 三浦弘之: 平均S波速度による地盤増幅特性の評価, 第46回地盤震動シンポジウム, pp.55-62, 2018.11.
  25. 三浦弘之: DEMを用いた2018年7月豪雨災害における広島県での土石流氾濫域と崩壊土砂量の推定, 地域安全学会梗概集, No.43, pp.5-8, 2018.11.
  26. 後藤智博, 三浦弘之: リモートセンシング画像解析と地震動強さの統合処理による建物被害推定, 日本建築学会学術講演梗概集(東北) 構造II, pp.667-668, 2018.9.
  27. 河内辰也, 三浦弘之, 神野達夫, 重藤迪子, 阿比留哲生, 青井真: PS検層の走時曲線と地震記録の同時逆解析による地盤構造モデルの高度化に関する基礎的検討, 日本建築学会学術講演梗概集(東北) 構造II, pp.635-636, 2018.9.
  28. 藤嶋大樹, 三浦弘之, 神野達夫, 重藤迪子, 阿比留哲生, 青井真: 地震動・微動H/Vスペクトル比を用いて異なる波動理論により推定された地盤構造モデルの比較, 日本建築学会学術講演梗概集(東北) 構造II, pp.605-606, 2018.9.
  29. 有留那博, 三浦弘之: 深層学習に基づく航空写真からの建物被害の自動判読の試み, 日本建築学会中国支部研究報告集, 第41巻, pp.117-120, 2018.3.
  30. 藤田秀隆, 三浦弘之: 2016年ミャンマー地震の被災地での微動による地盤特性の把握とそれに基づく地震動の推定, 日本建築学会中国支部研究報告集, 第41巻, pp.121-124, 2018.3.
  31. 後藤智博, 三浦弘之: ヒストグラム平坦化とテクスチャ解析による光学センサ画像からの倒壊建物の検出 -2016年熊本地震における航空写真を用いた検討-, 日本建築学会学術講演梗概集(中国) 構造II, pp.419-420, 2017.9.
  32. 正願拓哉, 神野達夫, 三浦弘之, 重藤迪子, 阿比留哲生: 地震記録と微動を用いた不整形盤構造の簡易的推定手法(その1)防府市における1次元地盤構造モデルの構築, 日本建築学会学術講演梗概集(中国) 構造II, pp.331-332, 2017.9.
  33. 田中斐佳, 神野達夫, 三浦弘之, 重藤迪子, 阿比留哲生: 地震記録と微動を用いた不整形盤構造の簡易的推定手法(その2)防府市における2次元地盤構造モデルの構築, 日本建築学会学術講演梗概集(中国) 構造II, pp.333-334, 2017.9.
  34. 木戸智之, 三浦弘之, 神野達夫, 重藤迪子, 阿比留哲生: 地震記録と微動を用いた不整形盤構造の簡易的推定手法(その3)防府市における2次元地震動シミュレーション, 日本建築学会学術講演梗概集(中国) 構造II, pp.335-336, 2017.9.
  35. 高宮奎志朗, 三浦弘之: コロンビアにおける地震動強さの距離減衰特性と地盤増幅特性の評価, 日本建築学会中国支部研究報告集, 第40巻, pp.157-160, 2017.3.
  36. 藤嶋大樹, 三浦弘之: 広島県福山市における微動H/Vスペクトル比の逆解析による浅部地盤モデルの推定とそれに基づく地震動の評価, 日本建築学会中国支部研究報告集, 第40巻, pp.165-168, 2017.3.
  37. 日朝健太, 三浦弘之: 数値標高モデルによる2014年広島豪雨災害での土石流氾濫域の評価, 日本建築学会中国支部研究報告集, 第40巻, pp.169-172, 2017.3.
  38. 翠川三郎, 三浦弘之: 長期間の震度データからみた地震ハザード, 地域安全学会梗概集, No.38, pp.163-166, 2016.6.
  39. 翠川三郎, 三浦弘之: 2016年熊本地震の本震・前震・余震の震度分布と住家被害について, 日本地震工学会・大会, P2-31-1-4, 2016.9.
  40. 三浦弘之, 宮内旺: 平均S波速度に基づく経験的な応答スペクトル評価手法の適用性の検討 -近年の地殻内地震での観測記録との比較-, 日本地震工学会・大会, P4-27-1-6, 2016.9.
  41. 正願拓哉, 神野達夫, 三浦弘之, 阿比留哲生: 微動アレイ記録と地震記録の同時逆解析による山口県防府市のS波速度構造モデルの推定(その1)微動アレイ観測の概要と位相速度の推定, 日本建築学会学術講演梗概集(九州) 構造II, pp.1085-1086, 2016.8.
  42. 松尾敦子, 三浦弘之, 神野達夫, 阿比留哲生: 微動アレイ記録と地震記録の同時逆解析による山口県防府市のS波速度構造モデルの推定(その2)S波速度構造モデルの推定, 日本建築学会学術講演梗概集(九州) 構造II, pp.1087-1088, 2016.8.
  43. 三浦弘之, 宮内旺: 平均S波速度(Vs30)を用いた経験的手法による広島県での応答スペクトル分布の予測 その1 手法の概要と適用性の検討, 日本建築学会学術講演梗概集(九州) 構造II, pp.1227-1228, 2016.8.
  44. 宮内旺, 三浦弘之, 神野達夫: 平均S波速度(Vs30)を用いた経験的手法による広島県での応答スペクトル分布の予測 その2 地盤モデルの検証と予測結果, 日本建築学会学術講演梗概集(九州) 構造II, pp.1229-1230, 2016.8.
  45. 岡村大昇, 三浦弘之: キャパシティスペクトル法によるコロンビアの建物群に対する地震被害予測, 日本建築学会中国支部研究報告集, 第39巻, pp.137-140, 2016.3.
  46. 後藤智博, 三浦弘之: テクスチャ解析に基づくリモートセンシング画像からの建物被害検出, 日本建築学会中国支部研究報告集, 第39巻, pp.141-144, 2016.3.
  47. 小松健太, 三浦弘之: 地震記録を用いた中層SRC造建物の振動特性と耐震改修による影響の評価, 日本建築学会中国支部研究報告集, 第39巻, pp.145-148, 2016.3.
  48. 翠川三郎, 三浦弘之: 震度分布の履歴からみた地震ハザード, 日本地震工学会年次大会梗概集, Paper No.P2-3, 2015.11.
  49. 三浦弘之, 神野達夫, 阿比留哲生: K-NET防府における地盤増幅特性とレシーバーファンクションの同時逆解析によるS波速度構造の推定, 日本建築学会学術講演梗概集(関東) 構造II, pp.73-74, 2015.9.
  50. 岡宏記, 神野達夫, 三浦弘之, 阿比留哲生: 微動アレー観測に基づく防府市の地下構造の推定, 日本建築学会学術講演梗概集(関東) 構造II, pp.55-56, 2015.9.
  51. 木原健吾, 三浦弘之: 非線形写像法を用いた高分解能衛星画像からの建物被害検出, 日本建築学会中国支部研究報告集, 第38巻, pp.1013-1016, 2015.3.
  52. 田中暁子, 三浦弘之: 微動観測と地形データ解析による丘陵造成地の地盤震動特性の評価, 日本建築学会中国支部研究報告集, 第38巻, pp.1017-1020, 2015.3.
  53. 三浦弘之, 翠川三郎, 松岡昌志: 高分解能SAR画像による建物被害検出に及ぼす撮影方向の影響, 第14回日本地震工学シンポジウム, pp.2518-2527, 2014.
  54. 翠川三郎, 三東 峻, 松岡昌志, 三浦弘之, Quiroz, L., 丸山喜久, Estrada, M.: ペルー・リマにおける建物地震被害予測, 第14回日本地震工学シンポジウム, pp.1205-1210, 2014.
  55. 松岡昌志, 三浦弘之, 翠川三郎, エストラーダ・ミゲル: ペルー・リマにおけるALOS PRISM衛星画像からの建物高さ情報抽出の試み, 第14回日本地震工学シンポジウム, pp.2474-2482, 2014.
  56. Estrada, M., Miura, H., Midorikawa, S. and Yamazaki, F.: Analysis of Optical High Resolution Satellite Imagery for the Evaluation Social Vulnerability in Lima City, Proceedings of the 14th Japan Earthquake Engineering Symposium, 2014.5.
  57. 三浦弘之, 神野達夫: 地盤増幅率とレシーバーファンクションの同時逆解析による地盤構造モデルの推定, 日本建築学会学術講演梗概集(東海) 構造II, pp.399-400, 2014.6.
  58. 河村哲哉, 翠川三郎, 三浦弘之, 松田和浩, 正月俊行: 振動台実験と数値シミュレーションを用いたオフィス用パーティションの地震時挙動の把握(その1)振動台実験, 日本建築学会学術講演梗概集(東海) 構造II, pp.181-182, 2014.7.
  59. 三東峻, 翠川三郎, 松岡昌志, 三浦弘之: 開発途上国におけるGISデータ,衛星画像および現地調査を利用した建物台帳データの構築と地震被害予測, 日本建築学会学術講演梗概集(東海) 構造II, pp.203-204, 2014.8.
  60. 野木淑裕, 翠川三郎,三浦弘之: 東北地方太平洋沖地震の強震記録にみられる地盤特性, 日本建築学会学術講演梗概集(東海) 構造II, pp.375-376, 2014.
  61. 三浦弘之: リモートセンシングによる個別建物被害の可視化, 第9回ワークショップ災害を観る, 2p, 2014.
  62. 真鍋良輔, 三浦弘之, 神野達夫: 地震記録から得られる地盤増幅特性とレシーバーファンクションの同時逆解析による地下構造の推定に関する研究, 日本建築学会中国支部研究報告集, 第37巻, pp.69-72, 2014.
  63. 宮内旺, 三浦弘之: 統計的グリーン関数法を用いた強震動評価に関する研究, 日本建築学会中国支部研究報告集, 第37巻, pp.73-76, 2014.
  64. 林佑介, 三浦弘之: 微動計測と地盤資料に基づく広島大学東広島キャンパスの地盤震動特性の評価, 日本建築学会中国支部研究報告集, 第37巻, pp.77-80, 2014.
  65. 三浦弘之, 真鍋良輔, 翠川三郎: 2013年淡路島付近の地震(M6.3)における強震観測点での地盤震動特性と住家被害, 日本地震工学会第10回年次大会梗概集, pp.220-221, 2013.
  66. 三浦弘之, 真鍋良輔, 神野達夫: 地震観測および微動観測に基づく造成地における地盤特性の評価, 日本建築学会学術講演梗概集(北海道), 構造II, pp.221-222, 2013.
  67. 真鍋良輔, 三浦弘之, 神野達夫: レシーバーファンクションにみられるPS-P時間を用いた推定地下構造モデルの検証, 日本建築学会学術講演梗概集(北海道) 構造II, pp.231-232, 2013.
  68. 渥美知宏, 翠川三郎, 三浦弘之, 先名重樹, 藤原広行: 2011年東北地方太平洋沖地震で観測された強震記録とその強さについて, 日本建築学会学術講演梗概集(北海道) 構造II, pp.173-174, 2013.
  69. 小林ひかる, 翠川三郎, 三浦弘之, 永野正行, 肥田剛典, 正月俊行: アンケート調査に基づく東北地方太平洋沖地震の際の超高層建物での居住者・室内物品への影響の評価, 日本建築学会学術講演梗概集(北海道) 構造II, pp.289-290, 2013.
  70. 荒木耕太, 翠川三郎, 松岡昌志, 三浦弘之: GISデータ,衛星画像データおよび現地調査に基づくペルー・リマ市の建物台帳データ推定手法の検討, 日本建築学会学術講演梗概集(北海道) 構造II, pp.1181-1182, 2013.
  71. 正月俊行, 翠川三郎, 三浦弘之, 初岡徹朗: 扉や引き出しの開閉を考慮した冷蔵庫の地震時挙動シミュレーション, 日本建築学会学術講演梗概集(北海道) 構造II, pp.1187-1188, 2013.
  72. 三浦弘之, 真鍋良輔, 神野達夫: 広島大学東広島キャンパスにおける強震観測, 日本建築学会中国支部研究報告集, 第36巻, pp.167-170, 2013.
  73. 三浦弘之, 翠川三郎:高分解能SAR画像による2010年ハイチ地震の建物被害検出に関する予備的解析, 日本建築学会学術講演梗概集(東海), 構造II, pp.7-8, 2012.
  74. 平野悠輔, 翠川三郎, 三浦弘之:GISデータと衛星画像を利用した建物分布の把握 –その2 ペルー・リマ市の中高層住宅地におけるケーススタディ-, 日本建築学会学術講演梗概集(東海), 構造II, pp.1187-1188, 2012.
  75. 渥美知宏, 翠川三郎, 三浦弘之:2011年東北地方太平洋沖地震で観測された最大加速度・最大速度にみられる地盤特性の影響, 日本建築学会学術講演梗概集(東海), 構造II, pp.91-92, 2012.
  76. 小林ひかる, 翠川三郎, 三浦弘之:東北地方太平洋沖地震での長周期地震動による超高層ビルの居住者・室内物品への影響, 日本建築学会学術講演梗概集(東海), 構造II, pp.1205-1206, 2012.
  77. 津野靖士, 翠川三郎, 山中浩明, 三浦弘之, 酒井慎一, 平田直:関東平野で観測された2011年東北地方太平洋沖地震(Mw9.0)の地震動特性:(その1)関東平野で観測された強震動の概要, 日本建築学会学術講演梗概集(東海), 構造II, pp.75-76, 2012.
  78. 山中浩明, 津野靖士, 翠川三郎, 三浦弘之, 三宅弘恵, 纐纈一起, 酒井慎一, 平田直:関東平野で観測された2011年東北北地方太平洋沖地震(Mw9.0)の地震動特性:(その2)品川~川崎周辺の東京湾沿岸部と足柄平野で観測された強震動, 日本建築学会学術講演梗概集(東海), 構造II, pp.77-78, 2012.
  79. 津野靖士, 山中浩明, 翠川三郎, 三浦弘之, 三宅弘恵, 坂上実, 纐纈一起: 足柄平野で観測された2011年東北地方太平洋沖地震(Mw9.0)の強震動, 物理探査春季大会, 2012(印刷中).
  80. 三浦弘之, 翠川三郎, Soh Hui Chen: 2010年ハイチ地震の被害地域における高分解能衛星画像のテクスチャ解析, 日本地震工学会大会 - 2011梗概集, pp.234-235, 2011.11.
  81. 翠川三郎, 三浦弘之: 巨大地震による地震動の継続時間について, 日本地震工学会大会 -2011梗概集, pp.408-409, 2011.11.
  82. 翠川三郎, 三浦弘之, 黒田伸吾, 吉田稔, 木下裕晴, 廿楽光正, 安達正一, 藤原広行: 地震時室内被害軽減のための集客施設での防犯カメラ映像の収集と分析-東日本大震災での事例-, 日本災害情報学会第13回研究発表大会予稿集, pp.189-190, 2011.10.
  83. 津野靖士, 翠川三郎, 山中浩明, 三浦弘之, 酒井慎一, 平田直, 笠原敬司, 木村尚紀, 明田川保: 首都圏およびその周辺地域で観測された2011 年東北地方太平洋沖地震(Mw 9.0)の地震動分布, 日本地震学会2011年度秋季大会講演予稿集, pp.205, 2011.10
  84. 藤岡正樹, 翠川三郎, 佐伯琢磨, 三浦弘之:詳細地盤モデルがもたらす地震リスク評価への効果と応用 : その5:市民のためのWeb版地震ハザード・リスクマップ, 日本建築学会学術講演梗概集(関東), B-2, pp.7-8, 2011.8.
  85. 佐伯琢磨, 翠川三郎, 藤岡正樹, 三浦弘之:詳細地盤モデルがもたらす地震リスク評価への効果と応用 : その6 :Web版地震ハザード・リスクマップに関するアンケート調査, 日本建築学会学術講演梗概集(関東), B-2, pp.9-10, 2011.8.
  86. 伊東佑記, 翠川三郎, 三浦弘之: 被害調査データに基づく建物被害率と地震動の各指標の関係, 日本建築学会学術講演梗概集(関東), B-2, pp.11-12, 2011.8.
  87. 翠川三郎, 三浦弘之: 2011年東北地方太平洋沖地震におけるK-NET築館での強震記録と周辺の被害概況について, 日本建築学会学術講演梗概集(関東), B-2, pp.37-38, 2011.8.
  88. 平野悠輔, 翠川三郎, 三浦弘之, 元結正次郎, 和田章: ロッキング壁により耐震改修したSRC建物の地震時挙動 -その1 耐震改修における固有周期の変化-, 日本建築学会学術講演梗概集(関東), B-2, pp.347-348. 2011.8.
  89. 三浦弘之, 翠川三郎, 平野悠輔,元結正次郎, 和田章: ロッキング壁により耐震改修したSRC建物の地震時挙動 -その2 2011年東北地方太平洋沖地震時の挙動-, 日本建築学会学術講演梗概集(関東), B-2, pp.349-350, 2011.8.
  90. 元結正次郎,翠川三郎, 三浦弘之, 平野悠輔, 和田章, 坂田弘安, 伊藤浩資: ロッキング壁により耐震改修したSRC建物の地震時挙動 -その3 計測結果と数値解析結果との比較-, 日本建築学会学術講演梗概集(関東), B-2, pp.351-352, 2011.8.
  91. 高瀬武史, 翠川三郎, 三浦弘之: GISデータおよび衛星画像を利用した建物分布の把握 –ペルー・リマ市郊外におけるケーススタディ-, 日本建築学会学術講演梗概集(関東), B-2, pp.923-924, 2011.8.
  92. 久保川卓, 翠川三郎, 三浦弘之, 正月俊之, 金子美香: 高層住宅におけるリビング家具の地震時挙動に関する研究 (その1) 家具の振動大実験, 日本建築学会学術講演梗概集(関東), B-2, pp.961-962, 2011.8.
  93. 正月俊之, 金子美香, 久保川卓, 翠川三郎, 三浦弘之: 高層住宅におけるリビング家具の地震時挙動に関する研究 (その2) 家具のシミュレーション解析, 日本建築学会学術講演梗概集(関東), B-2, pp.963-964, 2011.8.
  94. 金子美香, 正月俊之, 久保川卓, 翠川三郎, 三浦弘之: 高層住宅におけるリビング家具の地震時挙動に関する研究 (その3) 室内家具群の振動台実験とシミュレーション解析, 日本建築学会学術講演梗概集(関東), B-2, pp.965-966, 2011.8.
  95. 翠川三郎, 三浦弘之: 2011年東北地方太平洋沖地震の地震・地震動について, 東京工業大学地震工学研究レポート, No.118, pp.1-20, 2011.6.
  96. 翠川三郎, 三浦弘之, 堀苑子, 鹿嶋俊英: 2011年東北地方太平洋沖地震における東京の超高層マンションでの揺れに関するアンケート調査, 地域安全学会梗概集, No.28, pp.95-96, 2011.5.
  97. 三浦弘之, 翠川三郎: 人工衛星光学センサ画像による2006年ジャワ島中部地震での建物被害分布の検出, 日本建築学会学術講演梗概集(北陸), B-2, pp.1033-1034, 2010.9
  98. 石井一徳, 翠川三郎, 三浦弘之: 地形・地盤分類メッシュマップから推定した平均S波速度の精度について, 地域安全学会梗概集, No.26, pp.1-2, 2010.6.
  99. 翠川三郎, 三浦弘之, 守田正志: 2010年チリ・マウレ地震の強震記録について, 地域安全学会梗概集, No.26, pp.11-12, 2010.6.
  100. 三浦弘之, 丸山喜久, Miguel Estrada, 松崎志津子, 山崎文雄: 2010年チリ・マウレ地震の被害調査報告 -被害とリモートセンシング画像の概要-, 東京工業大学地震工学研究レポート, No.114, pp.35-46, 2010.5.
  101. 翠川三郎, 三浦弘之, 正月俊行, 松平昌之: 高層住宅における地震時の室内挙動のシミュレーションとその応用, 首都圏大震災軽減のための実践的都市地震工学研究の発展 平成21年度成果報告シンポジウム予稿集, pp.27-30, 2010.3.
  102. 翠川三郎, 三浦弘之: 1968年十勝沖地震の八戸港湾での強震記録の再数値化 その1 データの読み取りと補正, 日本地震工学会大会 -2009梗概集, pp.256-257, 2009.11.
  103. 三浦弘之, 翠川三郎: 1968年十勝沖地震の八戸港湾での強震記録の再数値化 その2 基線補正に関する検討, 日本地震工学会大会 -2009梗概集, pp.258-259, 2009.11.
  104. 石井一徳, 翠川三郎, 佐伯琢磨, 三浦弘之: 地形・地盤分類メッシュマップに基づく地震動スペクトルマップの作成, 日本地震工学会大会 -2009梗概集, pp.206-207, 2009.11.
  105. 三浦弘之, 翠川三郎: 人工衛星光学センサ画像による2008年中国汶川地震の北川県曲山鎮での建物被害判読, 日本建築学会学術講演梗概集(東北), B-2, pp.293-294, 2009.8.
  106. 下田和宏, 翠川三郎, 三浦弘之: 2007年新潟県中越沖地震における工学的基盤での地震動特性の空間的変動に関する基礎的検討, 日本建築学会学術講演梗概集(東北), B-2, pp.1-2, 2009.8.
  107. 翠川三郎, 三浦弘之: 市民の防災意識啓発のためのデジタルシティを利用した3次元地震リスクマップ, 日本建築学会学術講演梗概集(東北), B-2, pp.201-202, 2009.8.
  108. 初岡徹朗, 翠川三郎, 三浦弘之, 正月俊行: 高層住宅におけるキッチン家具の地震時挙動に関する研究, 日本建築学会学術講演梗概集(東北), B-2, pp.617-618, 2009.8
  109. 三浦弘之, 翠川三郎:衛星画像と数値標高モデルを用いた斜面崩壊地の検出, 地震災害対応におけるリモートセンシング・テクノロジーの活用 –先端技術による被害軽減の現状と課題-, 土木学会第10回地震災害マネジメントセミナー, pp.19-26, 2009.3.
  110. 翠川三郎, 初岡徹朗, 三浦弘之, 正月俊行: 高層住宅におけるキッチン家具の地震時挙動のシミュレーション, 首都圏大震災軽減のための実践的都市地震工学研究の発展 平成20年度成果報告シンポジウム予稿集, pp.23-26, 2010.3.
  111. 三浦弘之, 翠川三郎: 2008年中国四川大地震での被害地域における高分解能SAR画像の特徴, 日本地震工学会大会 -2008梗概集, pp.346-347, 2008.11
  112. 翠川三郎, 三浦弘之: 2008年岩手・宮城内陸地震での斜面崩壊地における高分解能SAR画像の特徴, 日本地震工学会大会 -2008梗概集, pp.344-345, 2008.11
  113. 三浦弘之, 翠川三郎: 2007年能登半島地震における住家被害率と計測震度の関係, 日本建築学会学術講演梗概集(中国), B-2, pp.679-680, 2008.9.
  114. 翠川三郎, 三浦弘之, 糸井達哉: 統計的グリーン関数法を用いた地震動強さのバラツキの評価 その1 日本の地殻内地震の断層パラメータの統計的特性, 日本建築学会学術講演梗概集(中国), B-2, pp.867-868, 2008.9.
  115. 下田和宏, 翠川三郎, 三浦弘之: 近接地点における地震動特性の変動に関する基礎的検討, 日本建築学会学術講演梗概集(中国), B-2, pp.873-874, 2008.9.
  116. 初岡徹朗, 翠川三郎, 三浦弘之: 高層建物におけるキッチン家具の地震時挙動に関する予備的実験, 日本建築学会学術講演梗概集(中国), B-2, pp.215-216, 2008.9.
  117. 翠川三郎, 三浦弘之, 初岡徹朗, 高雄眞: 超高層建物におけるキッチン家具の地震時挙動に関する予備的実験, 首都圏大震災軽減のための実践的都市地震工学研究の発展 平成19年度成果報告シンポジウム予稿集, pp.93-96, 2008.3.
  118. 三浦弘之, 翠川三郎: 最近の地震で観測された強震記録にみられる地盤の非線形性状の検討, 日本地震工学会大会 –2007梗概集, pp.44-45, 2007.11.
  119. 翠川三郎, 三浦弘之: 2007年能登半島地震および新潟県中越沖地震でみられた物体の移動事例, 日本地震工学会大会 –2007梗概集, pp.460-461, 2007.11.
  120. 大堀道広, 翠川三郎, 三浦弘之, 白坂光行: 2007年新潟県中越沖地震の震源過程に関する予備的考察, 日本地震工学会大会 –2007梗概集, pp.496-497, 2007.11.
  121. 翠川三郎, 三浦弘之, 石井一徳, 鬼頭順三, 駒澤真人, 佐藤慶一: 2007年新潟県中越沖地震での墓石の転倒調査, 日本地震学会2007年秋季大会, 2007.10.
  122. 翠川三郎, 三浦弘之, 石井一徳, 鬼頭順三, 駒澤真人, 佐藤慶一: 2007年新潟県中越沖地震での地震動強さと強震観測点における地盤震動特性について, 東京工業大学地震工学研究レポート, No.103, pp.45-54, 2007.09.
  123. 翠川三郎, 三浦弘之: 2007年能登半島地震での物体の移動事例について, 日本建築学会学術講演梗概集(九州), B-2, pp.167-168, 2007.8.
  124. 三浦弘之, 翠川三郎, 松岡昌志, 山崎文雄: 2006年ジャワ島中部地震での被害地域における人工衛星光学センサ画像の特徴, 日本建築学会学術講演梗概集(九州), B-2, pp.287-288, 2007.8.
  125. 正月俊行, 翠川三郎, 大堀道広, 三浦弘之: 超高層建物におけるオフィス内の家具類の地震時挙動に関する検討, 日本建築学会学術講演梗概集(九州), B-2, pp.643-644, 2007.8.
  126. 翠川三郎, 三浦弘之: 2007年能登半島地震における物体の移動事例と強震観測点での地盤特性, 東京工業大学地震工学研究レポート, No.102, pp.7-18, 2007.6.
  127. 三浦弘之, 翠川三郎: 2007年能登半島地震における強震観測点での常時微動特性, 日本地球惑星科学連合2007年大会, Z225-P004, 2007.5.
  128. 鬼頭順三. 翠川三郎, 三浦弘之: 統計的グリーン関数を用いた地震動強さのバラツキの評価 その1 地殻内地震のアスペリティの平均的特性, 日本地球惑星科学連合2007年大会, S145-016, 2007.5.
  129. 駒澤真人, 翠川三郎, 三浦 弘之: 横浜市高密度強震計ネットワークによる震度分布の特徴について, 域安全学会梗概集, No.20, pp.1-4, 2007.5
  130. 石井一徳, 翠川三郎, 三浦弘之:各微地形にみられる数値標高モデル・衛星画像の特徴, 地域安全学会梗概集, No.20, pp.1-4, 2007.5.
  131. 大堀道広, 飯山かほり, 翠川三郎, 三浦弘之: 首都圏直下のやや深発の地震による強震動の方位依存生について, 首都圏大震災軽減のための実践的都市地震工学研究の発展 平成18年度成果報告シンポジウム予稿集, pp.15-20, 2007.3.
  132. 翠川三郎, 正月俊行, 大堀道広, 三浦弘之: 超高層建物におけるオフィス内の家具類の挙動に関する検討, 首都圏大震災軽減のための実践的都市地震工学研究の発展 平成18年度成果報告シンポジウム予稿集, pp.111-112, 2007.3.
  133. 三浦弘之, 翠川三郎: 高分解能衛星画像による2004年新潟県中越地震での斜面災害地域の抽出, 日本建築学会学術講演梗概集(関東), B-2, pp.421-422, 2006.9.
  134. 三浦弘之, 山崎文雄, 松岡昌志, 砂金伸治: 2006年ジャワ島中部地震における被災地域の現地調査とリモートセンシングによる被害分布把握の試み, 東京工業大学地震工学研究レポート, No.99, pp.49-64, 2006.8.
  135. 翠川三郎, 三浦弘之, 石井一徳: 地震時のエレベータの機能障害について, 地域安全学会梗概集, No.19, pp. 39-42, 2006.8.
  136. Miura, H., Yamazaki, F. and Matsuoka, M.: Building Damage Mapping of the 2006 Central Java, Indonesia Earthquake Using High-Resolution Satellite Images, Proceedings of 4th International Workshop on Remote Sensing for Post-Disaster Response, pp.13.1-13.6, 2006.
  137. 三浦弘之, 翠川三郎:高分解能衛星画像を用いた2004年スマトラ島沖地震におけるスリランカ東部での津波浸水域の抽出, 第30回地震工学・応用地学に関するシンポジウム(三大学院シンポジウム), pp.1-2, 2006.3.
  138. 大堀道広,翠川三郎, 三浦弘之: 2005年7月23日千葉県北西部の地震(Mj6)における強震動特性の空間的分布に関する研究, 首都圏大震災軽減のための実践的都市地震工学研究の発展 平成17年度成果報告シンポジウム予稿集, pp.5-6, 2006.3.
  139. 三浦弘之, Anil C. Wijeyewickrema, 井上修作:高分解能衛星画像を用いた2004年スマトラ沖地震によるスリランカ東部での津波被害判読, 日本地震工学会・大会-2005梗概集, pp.260-261, 2005.11.
  140. 石井一徳・三浦弘之・翠川三郎:2004年新潟県中越地震の強震記録に基づく震度マップの作成, 日本地震工学会・大会-2005梗概集, pp.270-271, 2005.11..
  141. 大中太郎・三浦弘之・翠川三郎・藤本一雄:住家被害率に及ぼす余震の影響, 日本地震工学会・大会-2005梗概集, pp.274-275, 2005.11.
  142. 正月俊行・秋場俊一・三浦弘之・翠川三郎:1944年東南海地震における東京での変位記録 その1 波形の読み取りとその補正, 日本地震工学会・大会-2005梗概集, pp.440-441, 2005.11.
  143. 秋場俊一・正月俊行・三浦弘之・翠川三郎:1944年東南海地震における東京での変位記録 その2 スペクトル特性と時刻歴特性, 日本地震工学会・大会-2005梗概集, pp.442-443, 2005.11.
  144. 関口徹・時松孝次・三浦弘之・翠川三郎:強震記録に基づくK-NET・JMA小千谷の表層地盤非線形性状の評価, 日本建築学会学術講演梗概集(関西), B-2, pp.229-230, 2005.9.
  145. 三浦弘之・翠川三郎・藤本一雄:2004年新潟県中越地震における住家被害率と計測震度の関係, 日本建築学会学術講演梗概集(関西), B-2, pp.573-574, 2005.9.
  146. 時松孝次・翠川三郎・関口 徹・三浦弘之: K-NET・JMA小千谷の強震記録から推定される表層地盤の非線形性状, 第40回地盤工学研究発表会, pp. 2111-2112, 2005.7.
  147. 翠川三郎・三浦弘之・秋場俊一:2004年新潟県中越地震の地震動について, 東京工業大学地震工学研究レポート, No.92, pp.1-10, 2004.11.
  148. 三浦弘之, 翠川三郎, 藤本一雄: 高分解能衛星画像を用いた建物台帳の更新とそれに基づく地震被害予測, 日本建築学会学術講演梗概集(北海道), B-2, pp.913-914, 2004.8.
  149. 三浦弘之, 翠川三郎: 建物GISデータ更新のための高分解能衛星画像による建物の自動検出 -マニラ首都圏での適用例-, 第2回日本地震工学会・大会, pp.434-435, 2003.11.
  150. 三浦弘之, 翠川三郎: 高分解能衛星画像を用いた建物GISデータ更新のための建物検出手法, 日本建築学会学術講演梗概集(東海), B-2, pp.121-122, 2003.9.
  151. 三浦弘之,翠川三郎: 建物GIS データ更新のための高分解能衛星画像の利用法, 第27回 地震工学・応用地学に関するシンポジウム(三大学院シンポジウム), pp.5-6, 2003.3.
  152. 三浦弘之, 翠川三郎: 地震被害ポテンシャル推定のための高分解能衛星画像を用いた都市域の建物分布把握の試み, 日本建築学会学術講演梗概集(北陸), B-2, pp.85-86, 2002.8.
  153. 三浦弘之, 翠川三郎: 横浜市高密度強震計データに基づく3次元地下構造での地震波伝播性状の検討, 第1回日本地震工学研究発表・討論会梗概集, pp.74, 2001.11.
  154. 三浦弘之, 翠川三郎: 地震記録に見られるPS変換波から推定された横浜市の三次元深部地下構造, 地球惑星関連学会 合同大会, Paper No.Sw-010, 2001.5.
  155. 三浦弘之, 翠川三郎: 関東平野南部の深部地下構造がやや長周期地震動の特性に及ぼす影響, 日本建築学会学術講演梗概集(関東), B-2, pp.39-40, 2001.9.
  156. 三浦弘之, 翠川三郎: 1998年伊豆半島東方沖地震における関東平野南部でのラブ波伝播特性, 日本建築学会学術講演梗概集(東北), B-2, pp.181-182, 2000.9.

著書

  1. リモートセンシングの応用・解析技術 ~農林水産・環境・防災から建築・土木、高精度マッピングまで~, 第2編 応用事例, 第7章 防災・災害分野, 第1節 災害分野, 4. リモートセンシングによる建物被害把握, NTC Inc., 2019.08 [ISBN: 978-4-86043-612-4 C3055].
  2. 日本建築学会 2010年チリ・マウレ沖地震被害調査報告書, 5.3 衛星画像からみた被害状況, pp.88-94, 2012, [ISBN: 978-4-8189-2035-4].
  3. 日本建築学会 2006年ジャワ島中部地震被害調査報告書, 3.2 衛星画像の分析から把握される被害の全体像, pp.52-65, 2007, [ISBN: 978-4-8189-2032-3].
  4. 土木学会 新潟県中越地震被害調査特別委員会: 常時微動観測による地盤増幅特性, 平成16年新潟県中越地震被害調査報告書, pp.89-101, 2006, [ISBN: 4-8106-0545-0]

受賞

  1. 2017年地域安全学会優秀論文賞(受賞論文:数値標高モデルによる経験的な土石流氾濫域の予測手法の都市域に対する適用性の検討)
  2. 2015年地域安全学会優秀論文賞(受賞論文:非線形写像法による航空レーザ測量データの幾何補正とそれに基づく2014年広島豪雨災害での崩壊土砂量の推定)
  3. 2011年日本地震工学会大会・優秀論文発表賞(受賞論文:2010年ハイチ地震の被害地域における高分解能衛星画像のテクスチャ解析)
  4. 2009年日本地震工学会大会・優秀論文発表賞(受賞論文:1968年十勝沖地震の八戸港湾での強震記録の再数値化 その2 基線補正に関する検討)
  5. 2008年日本地震工学会・論文奨励賞(受賞論文:高分解能衛星画像と数値標高モデルを用いた2004年新潟県中越地震での斜面崩壊地の検出(第7巻 第5号、2007年11月掲載))

被害調査・地震観測

  1. 2018年7月に発生した西日本での豪雨災害
    東広島市での調査と土石流氾濫域の予備的解析(PDF 約2.1MB)
  2. 2016年10月21日鳥取県中部の地震(M6.6)
    被害調査と微動測定結果(PDF 約1.5MB)
  3. 2016年4月熊本地震
  4. 2014年8月20日の広島市北部の豪雨災害
    被災建物の分布(PDF 約500kB)
    航空レーザ測量データによる崩壊土砂量の推定(PDF 約4.3MB)
  5. 2014年3月14日の伊予灘の地震(M6.2)
    広島大学内の地震観測結果(PDF 約2.1MB)
  6. 2013年4月13日の淡路島付近の地震(M6.3)
    被害調査と微動測定結果(PDF 約4.5MB)